日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
新生江古田計画
新生江古田計画


新生江古田計画、いよいよ始動!

2年後の2019年「全学年江古田修学」に向けて、2017年4月より新しく「A棟」の建設が始まります。AはArtの頭文字のAでもあり、アルファベットの最初の文字=スタートの文字としてのAでもあります。 既存の東西南北の棟に対して、次の100年に向けた夢の膨らむ棟名としました。
2021年に芸術学部は創設100周年を迎えます。
30年ぶりに大学1 〜4年生と大学院博士課程までのすべての学生が揃って、一つのキャンパスに集い、学び、活動するようになります。
学部創設100年という大きな節目を迎え、若いエネルギーを集結し、新しい日藝の次の100年に向けて、個性的でエネルギーに溢れた発信を続けていきます。
私たちは「新生江古田計画」を始めました。

なお、2018年4月に入学される予定の皆様は、1年間の所沢キャンパス通学を経て、2年次以降はすべての授業を江古田キャンパスで受けることになります。

新生江古田計画img


30年ぶりに「江古田の日藝」が復活します。
2019年4月入学の皆様から、
4年間を江古田で学ぶことになる計画を、今、進めています。
「多彩な人々に出会えて多様なチャンスを創れる場所」としての江古田。
先輩後輩が直接交流でき、刺激し合い、切磋琢磨する。
そんな“日藝”が復活します。
「新生江古田計画」の実現を、
日藝OBの一人としても、
ワクワクしながら楽しみにしています。
野田 慶人

学部長
野田 慶人