日本大学芸術学部
ART INFORMATION

3月8日、文化庁は平成28年度(第67回)芸術選奨の受賞者を発表。映画学科出身の片渕須直氏と、放送学科出身の宮藤官九郎氏が受賞されました。

 

片渕須直氏はアニメーション監督として「名探偵ホームズ」(脚本)、「BLACK LAGOON」(監督・シリーズ構成・脚本)、「マイマイ新子と千年の魔法」(監督・脚本) といった作品を手がけ、昨年の11月にはアニメーション映画「この世界の片隅に」(監督・脚本) を発表。戦中に広島から呉に嫁ぐ「すず」を主人公とする、こうの史代氏の原作を映像化した今作品は非常に高い評価を受け、広島国際映画祭2016で第一回ヒロシマ平和映画賞を。第40回日本アカデミー賞にて最優秀アニメーション作品賞を受賞しました。

 

宮藤官九郎氏は脚本家としてだけでなく、俳優、作詞家、映画監督、演出家と実に多彩な活躍をされており、その斬新な感性は様々な芸術分野に新しい風を生み出しています。「ピンポン」(脚本)、「舞妓Haaaan!!!」(脚本)、「真夜中の弥次さん喜多さん」(監督・脚本)、「池袋ウエストゲートパーク」(脚本) といった作品を手がけ、昨年の4月には日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」(脚本) を発表。「野心がない、競争意識がない、協調性がない」と言われるゆとり世代の若者たちの悩みや変容を巧みに描き、東京ドラマアウォード2016において作品賞(連続ドラマ) 優秀賞を受賞しています。

2017.3.17

2017年2月20日〜26日「日藝の助手展 2016」を開催し,日本大学芸術学部の全8学科に所属する助手・臨時職員が,創作・研究成果を発表しました。

助手は,授業補助など様々な学務を担う一方で,創作・研究にも積極的に取り組んでいます。

アーティストやクリエイターとしての一面を学内外に向け,広く発表することを目的として,2013年度より助手展を開催してきました。第4回目となる今回は,過去最多となる42名が展示・上映・公演を行いました。

助手展は,自由な感覚や実験的な試みを大事にしており,共通のテーマなど決まりごとはなく,同じジャンルの作品でも,材料や技法,作家性は全く異なっています。

助手展HP終了報告_画像1

西棟地下のスペースChika Ecodaでは,絵画・版画・彫刻・写真・映像・音響作品・文芸誌・テレビ誌など,多種多様な展示20作品が集結しました。

東棟6階の小ホールで行われた音楽会では,音楽学科の演奏に,演劇学科の舞踊,写真学科の写真を合わせ,放送学科のアナウンスで御来場者を御案内しました。ギャラリー棟で行われた演劇公演やフィクションラジオ公演でも,学科は違っても,助手という同じ立場である横の繋がりや,芸術総合学部であることの特色を生かして,分野の枠にとらわれない表現に挑戦しました。

今回を踏まえ,今後さらにそれぞれの分野の創作・研究の発展を目指していきますので,次回以降の「日藝の助手展」にもどうぞ御期待ください。

助手展HP終了報告_画像2

2017.3.13

芸術教養課程のカレン・ミギー教授が執筆された短編ミステリー小説”Dot Rat”が、The Best American Mystery Stories 2017に選ばれました!

ミギー教授はTokyo Writers Workshopのco-organizerとしても活躍されています。

今回の作品”Dot Rat”は、Mystery Weekly Magazineに掲載されたもので、アメリカの小説家John Sandfordらによって、今年度発表されたミステリー小説優秀20作品の中の一つとして選出されました。

舞台はマサチューセッツ州のドーチェスター。隠居生活を送る女性が、ある晩、裏庭に何者かが侵入していることに気づきます…

“Dot Rat”を含むアンソロジーは、今年10月にHoughton-Mifflin Harcourtから出版されます。

どうぞお楽しみに!

2017.3.8

arts_in_bunkacho_pamphlet_ページ_1

arts_in_bunkacho_pamphlet_ページ_22017年3月9日(木)~6月30日(金)に文化庁において開催されます「Arts in Bunkacho~トキメキが、爆発だ~」の展示企画に美術学科大橋朋美助手・大山智子助手の作品が出品されます。展示は文化庁(旧文部省庁舎)2Fにて平日10:00~18:00まで,入場無料になっております。全国芸術系大学コンソーシアムに加盟している芸術系大学の学部,大学院生,卒業生・修了生の若手芸術家36名の選抜された作品が展示されておりますので,是非足をお運びください。

開幕の様子はこちら

 

2017.3.6

20161101

第3回アジア大学生映画祭は,盛況のうちに10月30日(日)最終日を向かえ,受賞式が行われました。

各賞の受賞者は以下のとおりです。

 

GOLD

“Pain in Silence” 静寂の中の痛み Yujian LI 中国・北京大学 Peking University

 

SILVER

“The Orchid Season” 蘭の季節 Jinsui DU 中国・北京電影学院 Beijing Film Academy

“Summer Night” 夏の夜 Ji-won LEE 韓国・中央大学校 Chung-Aug University

 

BRONZE

“Outside The Window” 窓の外 Mengya HU 中国・美術学院 China Academy of Art

“STOOL” スツール Wendy GAO 中国・四川大学 Sichuan University

“Good Day” 良い日 Myoung-hwan MOON 韓国・漢陽大学校 Hanyang University

 

JURY AWARD 審査委員賞

崔 洋一 賞
“A Place to Name” その家の名前 Ataru SAKAGAMI 東京芸術大学 Tokyo University of the Arts

Xingguo LI 賞
“I Love M.U.M” 第一志願 Tuck Fai LEONG 中国台湾・世新大学 Shih Hsin University

Hae-sung SONG 賞
“Puerility” 兄弟喧嘩 Ji-Soo KIM 韓国・中央大学校 Chung-Aug University

寺脇 研 賞
“The Question” アンケート Eri KINOSHITA 日本・東京芸術大学 Tokyo University of the Arts

小山薫堂 賞 “Hairdresser to the Islanders” 島の美よう室 ~いちゃいばちょうでいの島 渡名喜~
Yuriya TSUBAKI 日本・日本大学芸術学部 Nihon University College of Art

 

スター・チャンネル賞 “Pain in Silence” 静寂の中の痛み Yujian LI 中国・北京大学 Peking University

 

おめでとうございます!!

 

 

2016.11.1