NEWS お知らせ

芸術学部・大学院芸術学研究科における新型コロナウイルス感染症に係る学生等への対応について(2020年7月31日更新)

  • NEWS 2020.07.31

世界的に猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症に対し、東京都は「感染が拡大しつつある」として再び夜の繁華街への外出や、不要不急の他県への移動を控える呼びかけをしています。

本学部は「感染が拡大しつつある」状況の中で、どのように学生の安全を確保するのか、どのように学生の学びを継続させるのかを第一に考え、これまで以上に気を緩めることなく感染防止対策を実現し、教室等における1か所に集合できる人数の目安を収容定員の50パーセントに設定し、550人の入構上限数を手始めに慎重に段階を追って活動制限を解除していきます。
今後も、新型コロナウイルス感染症の感染状況を見据えながら、令和2年8月3日(月)以降の本学部の対応を以下のとおりとします。

  1. 夏期集中(面接)による一部授業実施について

    8月3日(月)から始まる夏期集中(面接)授業の際は、「日本大学健康観察システム」で健康管理している学生のみ入構を認めるとともに、入構時の体温チェック、マスク着用、アルコール消毒、「キャンパス入構行動記録表」等を必須とします。
    詳細は以下の「3.キャンパスへの入構ならびに事務窓口取扱いについて」をご確認ください。

  2. 令和2年度後学期授業等の実施について
    • ① 基本的にオンラインでの授業を継続して実施します。無理をして来校することのないようにしてください。
    • ② やむを得ず構内でしか対応できない授業を一部実施する予定ですが、通学できない諸事情がある学生に履修上の配慮をします。
    • ③ 後学期科目ごとの授業形態(オンラインか面接)の詳細については8月下旬頃に変更したシラバスとともにお知らせします。
    • ④ 構内での感染症への感染者発生により、面接授業が実施できなくなった場合など、当初の実施方法を変更せざるを得なくなった場合は、学部HP等で速やかにお知らせします。
    • ⑤ 令和2年度授業日程が一部変更となりましたので、こちらでご確認ください。
  3. キャンパスへの入構ならびに事務窓口取扱いについて

    8月3日(月)からも、あらかじめ決められた方(夏期集中授業履修者および図書館利用を許可された方)のみ入構を認めます。
    入構時には学生証の提示、入構時間の記入、体温チェック、マスク着用(自らご用意ください)、非接触型体温計等による検温、手指消毒等をキャンパス入口で求めます(退構時には退構時間の記入も求めます)。
    37度程度の発熱、発熱以外の体調異常等が確認された場合は入構を認めませんのでご了承ください。
    「日本大学健康観察システム」で、毎日の体調を記録し、健康管理を行っていない場合も入構を認めませんのでご注意ください。
    また、構内の「キャンパス入構行動記録表」を入構時に配付しますので退構時に守衛所に提出願います。
    なお引き続き事務窓口取扱いを当分の間、休止します。

  4. 図書館について

    図書館は、図書貸出を主とする「入館予約制による開館」を継続します。来館の際は、前日の予約が必要です。
    夏期休暇期間の開館時間・休館日等は、「図書館ホームページ」にてご確認ください。
    なお、「図書郵送貸出」は、8月3日から対象者を全学年の学生に拡げ、継続します。

  5. 各種証明書の申込方法について

    各種証明書のお申し込みは郵送にて受け付けます。詳しくはこちらをご確認ください。

  6. 課外活動について

    対面でのサークル活動(新入会員勧誘を含む)・会合(飲食を伴うものを含む)等の課外活動及びゼミナール等で行う対面形式での課外活動については、引き続き禁止とします。また、合宿等については、引き続き禁止とします。

  7. 健康管理について

    江古田キャンパスにしばらく入構する予定がない場合も、各自で健康管理のため本学が提供する「日本大学健康観察システム」を必ずご活用ください。

  8. 入国制限の対象とされている新入生・在学生の皆さんへ

    入国できない外国人留学生、新入生及び在学生は入国制限解除後の時期を考慮し、履修上の配慮(補講、公欠等)をいたします。

※本対応は、あくまで現時点のものです。いずれも社会状況の変化によって変更する場合があります。

以上