日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
日本学生支援機構奨学金
日本学生支援機構は我が国の大学等において学ぶ学生等に対する適切な修学環境を整備し、もって次代の社会を担う豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成に資するとともに、国際相互理解の増進に寄与することを目的としています。
日本学生支援機構ホームページ 

奨学金の種類

◆第一種奨学金
◎無利子の奨学金が貸与されます。

◆第二種奨学金
◎有利子(年利3%を上限)の奨学金が貸与されます。
◎第一種奨学金の貸与を受けることによっても、なお修学を維持することが困難であると認められる者は、併せて第二種奨学金の貸与を受けることができます。(併用貸与)

募集の時期(募集は学生課掲示板又はホームページでお知らせします)

◆第一種奨学金(4月に募集)
◆第二種奨学金(4月に募集)
※秋に臨時で募集があることもあります。
※1年以内に家計支持者の死亡・離婚・失業・倒産・大幅な収入減などで家計が急変した者は緊急・応急採用奨学金に申し込むことができる場合がありますので学生課にご相談ください。

貸与月額と貸与期間

◆第一種奨学金
区 分 学 部
貸与月額 自宅 自宅外
30,000円又は54,000円 30,000円又は64,000円
貸与期間 原則として貸与開始の月から卒業するまでの標準修業年限です
区 分 大 学 院
貸与月額 博士前期課程 博士後期課程
50,000円又は88,000円 80,000円又は122,000円
貸与期間 原則として貸与開始の月から修了するまでの標準修業年限です。
◆第二種奨学金
区 分 学 部
貸与月額 30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円の中から選択
貸与期間 原則として貸与開始の月から卒業するまでの標準修業年限です
区 分 大 学 院
貸与月額 50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円の中から選択
貸与期間 原則として貸与開始の月から修了するまでの標準修業年限です
◎第一種奨学金の自宅外月額は、本人の生計を主として維持する者の住所以外から通学している者、および他に日本学生支援機構が定めた者で自宅外月額を希望する者に貸与されます。
◎奨学金は、出願時に本人が届けた銀行口座に毎月振込まれます。

応募資格

◆学力
◎学部1年次に在籍する者
第一種奨学金 以下のいずれかに該当する者
(1)高等学校の最終2カ年の学習成績の評定平均が3.5以上の者
(2)家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)が住民税非課税である者
第二種奨学金 高等学校の最終2カ年の学習成績が平均水準以上の者
◎学部2年次以上に在籍する者
第一種奨学金 学部が定める単位基準を満たしている者
第二種奨学金 学部が定める単位基準を満たしている者
◎大学院に在籍する者
学部・大学院の学業成績、大学院入学の成績等により判定します。
◆家計
父母又はこれに代わって家計を支えている者の総所得金額が日本学生支援機構の収入基準額以下であること。収入基準額は、世帯の構成、通学形態によって各人異なるので、詳しくは学生課へ問い合わせてください。
◆人物
学習活動その他生活の全般を通じて態度・行動が学生にふさわしく、将来良識のある社会人として活動できる見込みがある者。
◆健康
健康診断によって、修学に十分たえうるものと認められる者。

奨学生の心得

奨学生に採用された者は、日本学生支援機構の定める奨学規程、その他の規程を守り、日本学生支援機構及び大学の指示に従うとともに、奨学生としての資質の維持向上に努める必要があります。したがって、学業成績が不振になったり、学内外の規律を乱したり、その他性行状況が奨学生として適当でないと認められるときには、奨学金の交付を打ち切られます。

出願を希望する学生へ

出願を希望する学生は、あらかじめ出身高校の調査書などを用意して募集の掲示に注意してください。また、2年生以上の奨学生の募集については、日本学生支援機構から募集の通知があり次第掲示しますので注意してください。

予約進学者へ(進学届・確認書の提出)

高校で大学奨学生採用候補者として決定通知を受け取っている者は、大学の指定期日までに「採用候補者決定通知」を学生課へ提出してください。期日までに提出されない場合は、採用取り消しになるので注意してください。

在学者の返還猶予について(貸与終了後、本学に在学している者について)

日本学生支援機構の奨学金貸与が、満期、辞退、廃止等により終了後、引き続き大学(大学院)の正規の課程に在学する場合、スカラネット・パーソナル(以下スカラネットPS)から「在学猶予願」を提出することにより、卒業(修了)予定期まで返還が猶予されます。
返還の猶予を希望する学生は、「WEBによる在学猶予願の提出方法の手引き(学生マニュアル)」を確認のうえ、以下のとおり手続きを行ってください。

WEBによる在学猶予願の提出方法の手引き(学生マニュアル)
○スカラネットPSログイン画面: https://scholar-ps.sas.jasso.go.jp/

【注意事項】
・在学猶予願を出さない場合、大学(大学院)に在籍していても、返還が始まります。
・留年の場合、在学猶予願は毎年手続きが必要です。
・在学猶予願の申し出後、日本学生支援機構で承認されるまで時間がかかるため、返還猶予を希望者は、貸与終了後、速やかに届け出てください。