日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE

文芸学専攻(博士前期課程)紹介

文芸学専攻は、昭和26年に設置され、半世紀あまりの間に多くの人材を送り出しています。文芸学専攻は、芸術学や芸術哲学を基礎とし、文学や文芸理論の研究、文芸作品の研究、作家研究を中心としたカリキュラムが組まれているのが特徴です。さらに、ジャーナリズムやコミュニケーションを対象とした研究・教育を行うとともに、創作および創作研究も取り入れていることは、他の文学専攻と異なった特徴のひとつです。

教育研究上の目的

現代文学を研究・創作の両面から考え、隣接ジャンルとの関係で幅広くとらえて文学の未来を探らせる。文学のみならず広義の文化研究の領域でも新研究を求めていく。そのためのあらゆる試みを可能にして、文壇・論壇・学界の新しい担い手を養成する。

履修案内

修了要件について

1. 2年以上在学し、履修規定に則り30単位以上を修得すること。
2. 学位論文等を提出し、最終審査および試験に合格すること。
3. 規定の学費を完納していること。

GPA及び学業成績の評価について

GPA及び学業成績の評価について