日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE

音楽芸術専攻(博士前期課程)紹介

音楽芸術専攻は、芸術学部の各領域の歴史的な蓄積による芸術性を根幹に据えながら、音楽の持つ芸術的本質および心理的側面を科学的に把握し、より高度な音楽的感性と技法の向上を目指します。同時に、理論的な研究を行うことを主眼として、多様化する社会的要求にも柔軟に対応できる人材の育成を目的としています。

教育研究上の目的

音楽は、芸術文化の中で重要な部分を形成するばかりでなく、社会がますます複雑化し、多様化するにつれて、演劇、舞踊、映画、放送などといった諸分野との結びつきも、さらに密接になってきている。文化の国際化にともなう、まったく新しい形の活動も、めざましい。現実を見据え、いっそう高度な演奏、創作、研究を実践し、あるいは教育に当たることのできる人材を養成する。

履修案内

修了要件について

1. 2年以上在学し、履修規定に則り30単位以上を修得すること。
2. 学位論文等を提出し、最終審査および試験に合格すること。
3. 規定の学費を完納していること。

GPA及び学業成績の評価について

GPA及び学業成績の評価について