Course of Study|学科概要

映画の表現世界は、サイレントからトーキーへ、白黒からカラーへと、さまざまな変化を遂げてきました。デジタル技術の急速な進歩で、映像表現の可能性はますます広がり、私たちの目の前には、新たな表現の世界が待ち受けています。コンピュータなどに代表されるデジタルメディアは、今や身近で欠かすことのできないコミュニケーションツールとなり、個人の表現世界も大きく広がりつつあります。

映画学科では、このように、時代とともに進化する映像文化を新たな視点でとらえ、「芸術創造」と「情報伝達」の両面から探究しています。1年次から映像表現・理論、監督、撮影・録音、演技の4つのコースに分かれ、それぞれの目的に適した独自のカリキュラムのもとで学習。学生一人ひとりが高度な専門知識と技術を身につけ、映画の制作者や映画評論家、研究者、また映画ビジネスに携わる者など、映画・映像界のスペシャリストとして活躍できるよう、きめ細かな指導を行っています。

  • 映画学科の教育理念
    Educational Philosophy

    「映像表現・理論」「監督」「撮影・録音」「演技」の4つのコースが、それぞれ独自のカリキュラムのもとで専門教育を展開しています。

    映画学科は映画理論にアプローチすると同時に、評論家や研究者、シナリオライター、映像メディアの制作者を育成する〈映像表現・理論コース〉、映像作家を育成する〈監督コース〉、映像技術の専門家を育成する〈撮影・録音コース〉、映像メディアで活躍する演技者を育成する〈演技コース〉の4コースに分かれています。
    学生がそれぞれの分野のスペシャリストに成長できるよう、各コースで用意された独自のカリキュラムにより高度な専門知識と技術を身につけていきます。

  • 映画学科の教育研究上の目的
    Purposes of Education and Research

    デジタル技術の進歩で新たな時代を迎えた映像文化を、映像表現・理論、監督、撮影・録音、演技分野で、「芸術創造」と「情報伝達」の両面から探求し、高度な専門知識と技術を身に付けた創作者、技術者、研究者などの映画・映像のスペシャリストを養成する。

Keyword|学びのポイント

4つのコース

本学科は、映画理論にアプローチすると同時に、評論家や研究者、シナリオライター、映像メディアの制作者を育成する「映像表現・理論コース」、映像作家を育成する「監督コース」、映像技術の専門家を育成する「撮影・録音コース」、映像メディアで活躍する演技者を育成する「演技コース」の4コースに分かれています。学生がそれぞれの分野のスペシャリストに成長できるよう、各コースで用意された独自のカリキュラムにより高度な専門知識と技術を身につけていきます。

多彩な授業

「映画芸術学」や「日本映画史」、「外国映画史」、「シナリオ論」といった全コース共通の必修科目の他に、コースごとに段階制の科目が設けられています。4年次にはそれぞれの専門的な学びの集大成として、卒業論文・卒業シナリオ・卒業研究・卒業制作に取り組みます。また、選択科目として多彩な授業が用意されており、理論や歴史、研究方法、多様な表現技術について学ぶことができます。

アワード

芸術学部では、各年度の卒業論文・卒業シナリオ・卒業研究・卒業制作の優秀なものに対して、芸術学部長賞、芸術学部奨励賞、渡辺俊平記念賞などを授与。さらに映画学科では、映画学科奨励賞や映画学科特別賞などを授与しています。このような学内の表彰のほか、国内外の映画祭などにも積極的に参加。アメリカの学生アカデミー賞やドイツのオーバーハウゼン国際短編映画祭、国内ではSKIPシティ国際Dシネマ映画祭など、さまざまなコンテストで多数の入選・受賞歴があります。

  1. Point1
    4つのコース

    本学科は、映画理論にアプローチすると同時に、評論家や研究者、シナリオライター、映像メディアの制作者を育成する「映像表現・理論コース」、映像作家を育成する「監督コース」、映像技術の専門家を育成する「撮影・録音コース」、映像メディアで活躍する演技者を育成する「演技コース」の4コースに分かれています。学生がそれぞれの分野のスペシャリストに成長できるよう、各コースで用意された独自のカリキュラムにより高度な専門知識と技術を身につけていきます。

  2. Point2
    多彩な授業

    「映画芸術学」や「日本映画史」、「外国映画史」、「シナリオ論」といった全コース共通の必修科目の他に、コースごとに段階制の科目が設けられています。4年次にはそれぞれの専門的な学びの集大成として、卒業論文・卒業シナリオ・卒業研究・卒業制作に取り組みます。また、選択科目として多彩な授業が用意されており、理論や歴史、研究方法、多様な表現技術について学ぶことができます。

  3. Point3
    アワード

    芸術学部では、各年度の卒業論文・卒業シナリオ・卒業研究・卒業制作の優秀なものに対して、芸術学部長賞、芸術学部奨励賞、渡辺俊平記念賞などを授与。さらに映画学科では、映画学科奨励賞や映画学科特別賞などを授与しています。このような学内の表彰のほか、国内外の映画祭などにも積極的に参加。アメリカの学生アカデミー賞やドイツのオーバーハウゼン国際短編映画祭、国内ではSKIPシティ国際Dシネマ映画祭など、さまざまなコンテストで多数の入選・受賞歴があります。

Nichigei Mind|それぞれの日藝マインド

Career|卒業後の進路

映画制作の現場などでフリーランスとして活動するだけでなく、映画、アニメ、テレビ、CMなどの関連会社に就職する人も多くいます。

過去3年間の実績
株式会社A-1 Pictures/株式会社AOI Pro./株式会社IMAGICA Lab./アマナ/株式会社アームズ/ADKアーツ/株式会社NHKテクノロジーズ/株式会社オムニバスジャパン/株式会社共同テレビジョン/株式会社クリーク・アンド・リバー社/株式会社クレイジーティブィ/サンライズ/ジュピターテレコム/株式会社松竹映像センター/株式会社スクウェア・エニックス/スプーン/セップ/ソニーミュージックエンターテインメント/高津装飾美術株式会社/太陽企画株式会社/株式会社ティー・ワイ・オー/株式会社TTR/株式会社デジタルガーデン/テレビクリエイションジャパン/株式会社テレビマンユニオン/電通テック/株式会社電通クリエーティブX/手塚プロダクション/東映デジタルラボ株式会社/東京サウンドプロダクション/東通/株式会社東北新社/日活/株式会社日企/日本放送協会/日テレアックスオン/ニューベルアージュ株式会社/株式会社博報堂プロダクツ/株式会社バスク/株式会社MAPPA/レスパスビジョン株式会社/株式会社ロボット 他
ここに見出しのコピー文章文字が入ります
ダミーテキストです文章文字が入ります
  • 写真学科 4年
  • 山田 花子
  • Hanako Yamada
この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。
  • ①撮影スタジオ1
  • ②ポジ編集室
  • ③録音スタジオ1
  • ④現像機室