日藝とは産官学連携プロジェクト

創設100周年を機に芸術学部では次の100年に向けた新たなアクションとして「日芸ならではの産官学連携プロジェクト」をスタートさせています。
芸術総合学部だからこそできる課題発見と解決への取り組みは、既存のカリキュラムにない自主創造教育実践の「場」を創出しています。

お知らせ

「日藝ならではの産官学連携プロジェクト」これまでの取り組み

  • 新潟県十日町市

    2006年からNAP(日藝アートプロジェクト事業)として活動を開始しました。
    世界最大級の国際芸術祭である「大地の芸術祭」への参画をしています。
    芸術学部としては古民家を改修した宿泊施設「脱皮する家」、2014年に閉校となった奴奈川小学校の校舎を活用し、2015年に地域の価値を実践的に学ぶ学校として開校された「奴奈川キャンパス」における展示作品の制作等に広く携わっています。

  • 石川県小松市

    平成31年4月23日、連携協定を締結。
    小松市立高校合同授業を実施しています。
    令和元年度は小松市立高校にて「カッコいいスマホ撮影と映える高校生活の撮り方ワークショップ」、「小松ならではの石と九谷焼から生み出すアースミュージックワークショップ」を行いました。
    令和2年度はオンラインで合同授業にて「写真・動画の撮影方法」のレクチャーを実施しています。

  • 福井県勝山市

    平成30年度に「ふるさと回帰ショートムービー」企画制作を行いました。
    ショートムービーの企画を募集し、その中からショートムービーを撮影。
    撮影地など勝山市全面協力の下、撮影が行われました。
    撮影されたショートムービーはこちらのホームページから見ることができます。

  • 広島県安芸高田市

    令和元年7月26日、連携協定を締結。
    神楽甲子園に審査員として「日芸賞」の授与などを行っています。

  • 西武鉄道株式会社

    平成30年4月25日に連携協定を締結。
    江古田のまち全体をキャンバスに見立て、音楽やアート、カルチャーなど自由な発想・表現で彩り、人と人、人とまちをつないでいくことを目的とした江古田キャンバスプロジェクトへ参画しています。
    令和元年度には江古田駅に「駅ピアノ」を設置、またデザイン学科の学生がデザイン協力し「駅デザイン」を行っています。
    令和3年度にはきらぼし銀行との連携も加わり、江古田駅のみならずきらぼし銀行江古田支店にも新しいデザインを展開中。

  • 株式会社きらぼし銀行

    令和2年6月17日に連携協定を締結。
    きらぼし銀行「前給」プロモーション協力を行っています。
    きらぼしテック株式会社のスマートフォン向けアプリケーションの開発プロジェクトにおいて、アプリのネーミングとロゴを制作。

  • 株式会社ニッポン放送

    令和元年8月1日に連携協定を締結。
    ニッポン放送の番組をはじめとする様々なコンテンツ制作において共同企画によるスペシャル番組制作や、タイムテーブルデザインリニューアルに協力しています。

  • 千葉県富里市(スポーツ科学部・危機管理学部との共同包括連携)

    令和元年2月20日、危機管理学部・スポーツ科学部と共に包括連携に関する協定を締結。
    富里市の魅力の発信・知名度向上を目的に、デザイン学科と写真学科の学生が「富里市PRポスター」、富里市地域活性「とみさと元気アップ」商品券、「読書駅伝帯リレー」の企画・協力しています。

  • 東京都練馬区

    令和元年9月11日に連携協定を締結。
    武蔵大学・武蔵野音楽大学との練馬三大学包括連携 等々

  • 東京都板橋区

    平成27年6月に連携協定を締結。
    いたばし文化芸術・多文化共生ビジョン検討会参加 等

  • 角川文化振興財団

    令和元年10月1日に連携協定を締結。
    ところざわサクラタウンプロジェクトへの参画