Course of Study|放送学科概要

テレビ(映像)もあればラジオ(音声)もある。報道、娯楽、教養、教育の4ジャンルをカバーするだけでなく、それらを融合した番組も多数存在する。放送は、とても間口が広く、常に新たな可能性が広がっている世界です。

放送学科のカリキュラムは、1年次から段階的・多層的に積み上げていく形で構成。1年次前期の「映像制作演習」「音響制作演習」で基礎的な知識・技術を身につけた後、1年次後期から「テレビ制作」「ラジオ制作」「映像技術」「音響技術」「CM」の5専攻に分かれて実技・理論を修得します。

加えて、専攻の枠を越えて履修できる、「脚本」「アナウンス」「テレビ企画構成」「ラジオ企画構成」「コピー・コンテ」「取材調査」「ルポルタージュ」などの実習・演習を数多く設置。専門分野を学ぶと同時に、より広い視野を持ち、マルチな才能を発揮できる人材を育成しています。

  • 放送学科の教育理念
    Educational Philosophy

    放送学科では、情報時代の中心的役割を果たす「放送」を深く認識させるとともに、放送を担うにふさわしい自由で豊かな創造力と表現力を持つ人材の育成をめざしています。

    そのために、まず芸術教養科目や語学、基礎専門科目、そして必修となる実習・演習を通して、放送を学ぶ視野視点を身につけます。さらに、高度な専門科目として様々な理論講座を受講し、その実践と創意工夫を実習や各種演習で積み重ねながらレベルアップを図っていきます。

    また放送学科では、理想的な環境で創作活動に打ち込めるよう常に学生をサポートしていきます。

  • 放送学科の教育研究上の目的
    Purposes of Education and Research

    学生個々の感性と創作意欲を刺激し、独創的で魅力ある作品の創作を促しながら、自由に自己表現できる人材を養成する。併せて、放送メディアに関する専門知識と情報伝達技術を身に付け、放送について深く理解し、理論的に考察できる人材、独創的で豊かな発想力を持つ人材、さらに放送を基盤としたマルチユースに対応できる有能な人材を養成する。

Keyword|学びのポイント

5つの専攻

1年次前期に「映像制作演習」「音響制作演習」で基礎的な知識と技術を身につけ、1年次後期からテレビ制作、ラジオ制作、映像技術、音響技術、CMの5専攻に分かれて実技と理論を学びます。専門分野への学びを深めていくと同時に広い視野を身につけ、マルチな才能を発揮できる柔軟性に富んだ人材を育成します。

実習・演習

脚本やアナウンスを学ぶ実習を用意しており、どの専攻の学生でも履修することが可能です。脚本実習では、テレビドラマ脚本の執筆に取り組み、表現の可能性を探ります。アナウンス実習では、音声と感性を駆使して情報や思いをいかに言葉で伝えていくかを学びます。

卒業研究

3・4年次では、それぞれが設定する研究テーマに基づいてゼミナールに所属し、卒業論文あるいは卒業制作(映像作品・音響作品・脚本・朗読発表・アナウンス・ルポルタージュ)に取り組み、4年間の学びの集大成とします。

  1. Point1
    5つの専攻

    1年次前期に「映像制作演習」「音響制作演習」で基礎的な知識と技術を身につけ、1年次後期からテレビ制作、ラジオ制作、映像技術、音響技術、CMの5専攻に分かれて実技と理論を学びます。専門分野への学びを深めていくと同時に広い視野を身につけ、マルチな才能を発揮できる柔軟性に富んだ人材を育成します。

  2. Point2
    実習・演習

    脚本やアナウンスを学ぶ実習を用意しており、どの専攻の学生でも履修することが可能です。脚本実習では、テレビドラマ脚本の執筆に取り組み、表現の可能性を探ります。アナウンス実習では、音声と感性を駆使して情報や思いをいかに言葉で伝えていくかを学びます。

  3. Point3
    卒業研究

    3・4年次では、それぞれが設定する研究テーマに基づいてゼミナールに所属し、卒業論文あるいは卒業制作(映像作品・音響作品・脚本・朗読発表・アナウンス・ルポルタージュ)に取り組み、4年間の学びの集大成とします。

Nichigei Mind|それぞれの日藝マインド

Career|卒業後の進路

テレビ・ラジオ局、番組制作会社、広告代理店などへ多く進出しています。脚本家、アナウンサー、放送作家、タレントとして活躍する卒業生もいます。

過去3年間の実績
株式会社AOI Pro./株式会社ADKアーツ/株式会社WOWOW/株式会社イースト・エンタテインメント/株式会社オフィス・トゥー・ワン/関西テレビ放送株式会社/株式会社共同テレビジョン/株式会社高知放送/四国放送株式会社/千葉テレビ放送株式会社/株式会社TBSテレビ/株式会社ティー・ワイ・オー/株式会社テレビ東京/株式会社テレビマンユニオン/株式会社電通/株式会社電通クリエーティブX/株式会社東急エージェンシー/株式会社東北新社/株式会社日テレ アックスオン/株式会社日本経済広告社/日本コロンビア株式会社/日本放送協会/株式会社博報堂プロダクツ/株式会社フジテレビジョン/毎日放送株式会社/株式会社宮城テレビ放送/讀賣テレビ放送株式会社ほか
  • 写真基礎演習I
    光の認識、写真表現の仕組み、カメラ操作・撮影・フィルム現像・プリントシステムなど、写真についての基礎知識を学びます。
  • 写真技術I
    フィルムによる撮影・現像・プリントシステムを使った作品制作実習を行いながら、銀塩写真の基礎を学びます。
  • 写真史I
    写真技法と写真表現の変遷を学び、写真先進国・欧米の写真の歴史についての基礎的な知識を身につけていきます。
  • 写真史Ⅱ
    幕末・明治から現代に至る日本の写真史を学び、日本独特の写真のあり方について理解を深めていきます。
  • イメージングプロセス論I
    銀塩、および、デジタル写真における作画プロセスの基本的な理論を学び、作品制作のための幅広い知識を身につけていきます。
  • 写真光学
    光の性格やレンズの特性など、写真撮影に必要な写真光学の基礎的な知識を身につけていきます。
  • 写真基礎演習Ⅱ
    小型カメラと大型カメラの基礎技術やスタジオライティングなどを学び、それぞれの特徴を生かした作品制作を行います。
  • 画像処理I
    画像処理ソフトを使った作品制作を行いながら、デジタル写真と画像処理の基礎を学びます。
  • 写真作家作品研究I
    写真誕生から1930年頃までに生み出された名作とその時代に活躍した写真家について学びます。
  • 電子画像概論
    デジタルカメラの構造やデータ化の原理を学びながら、最新デジタル画像の基本知識を身につけていきます。
    その他に「写真化学」「カメラメカニズム」などを学ぶことができます。
  • 写真基礎演習Ⅲ
    表現方法の理解を深め、技術を広げながら、制作、実験、研究を行い、その発表を通し、各自の方向性を探ります。
    その他「広告写真」「報道写真」「ポートレート」「建築写真」「ファインプリント」「特殊技法」「DSLRムービー」「サイエンスフォト」など、幅広い写真制作の授業を、各自の興味と将来を見据えて選択できます。
  • 写真作家作品研究Ⅱ・Ⅲ
    1930年頃から現代までの作品とその写真家を取り上げ、近現代写真についての考察を行います。
    その他「広告写真」「報道写真」「現代写真」「写真印刷」などの理論について、また、写真の編集やプレゼンテーションの仕方、写真の機能としてのソーシャルコミュニケーションを学ぶクラスなどがあります。
  • ゼミナール
    一人ひとりの将来の方向を見据えた個人指導を中心に、専門的かつ実践的な理論・制作の演習が行われ「卒業制作」や「卒業論文」にまとめていきます。
  • 写真芸術学
    先人の写真論や写真芸術論を通し、「写真とは何か」という写真芸術の本質的な問題について考えていきます。
ここに見出しのコピー文章文字が入ります
ダミーテキストです文章文字が入ります
  • 写真学科 4年
  • 山田 花子
  • Hanako Yamada
この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。
  • ①テレビスタジオ1
  • ②録音スタジオAサブ
  • ③スタジオカメラ
  • ④テレビスタジオ1サブ
  • ⑤放送資料室