GPA及び学業成績の評価について

厳格な成績評価のため、GPA(Grade Point Average)制度を導入しています。GPA算出の対象科目は、履修したすべての授業科目とします。ただし、一部の資格関連科目や海外留学などの認定科目は対象としません。

  1. 成績評価基準
    成績評価 素点 内容 係数
    S 100〜90点 特に優れた成績 4
    A 89〜80点 優れた成績 3
    B 79〜70点 妥当と認められた成績 2
    C 69〜60点 合格と認められた成績 1
    D 59点以下 不合格 0
    E - 受講登録したが、試験欠席、出席不良等により成績を示さなかったもの(※) 0
    P - 受講登録後、決められた日までに中止手続(受講削除)を取ったもの(※) -
    N - 修得単位として認定されたもの -
    • 成績評価S・A・B・Cが合格となります。
  2. GPA計算式(算出方法)

    科目担当教員から提出された採点表の素点から成績評価を導き出し、その評価に該当する係数に各科目の単位数を掛けたものがポイント数となり、ポイント数の総計を総履修単位数(D、Eの単位数も含める)で除したものがGPAとなります。GPAは小数点以下第3位を四捨五入し、小数点以下第2位までを有効とします。なお、P(履修中止)、N(認定科目)はGPAに算入しません。

    (4×Sの修得単位数)+(3×Aの修得単位数)+(2×Bの修得単位数)+(1×Cの修得単位数)

    総履修単位数(D、Eの単位数も含める)

    • 履修登録したが、履修を中止する場合は必ず5月の決められた日(後期科目は10月)までに中止手続(履修削除)をしてください。中止手続(履修削除)した場合、成績評価はPとなりますが、履修削除をしなかった場合、成績評価はEとなり、該当するポイント数は0となりますので注意してください。
  3. GPAは、当該年度の学期及び年間、並びに入学時からの累積GPAが算出され、成績発表時に配付する成績表に記載されます。
  4. 通年科目は、後期の履修科目と併せて算出します。
  5. 成績証明書には、合格した科目の成績(S、A、B、C)及び認定科目(N)、累積のGPAを記載します。
  6. 授業科目を再履修して単位を修得した場合、以前の合格に至らなかった授業科目の単位数は累積GPAの分母には算入しません。
  7. 不合格科目となり再度その科目の履修を希望する場合は、次の年度に当該科目の受講届を提出し、再受講しなければなりません。
  8. 合格点を得た科目は再度受講することはできません。
  9. 定期試験において不正行為を行った場合は、処分を受けた条件に基づき、評価「E」、係数「0」として取り扱います。

芸術学部における成績の相対評価基準について

芸術学部では、成績評価について、S・A・B・C・Dのいずれかの評価に割合が集中することのないよう、ガイドラインを作成し、各担当教員の先生方に相対評価をお願いしています。

  1. いずれかの評価に割合が集中することのないよう、SからDまでの成績評価について、原則として、以下の分布割合を設定しています。
    成績評価 評価(素点) 評価の割合
    S 100〜90点 10%以下
    A 89〜80点 20〜30%(S+A)
    B 79〜70点 40%〜50%
    C 69〜60点 70%以下(B+C+D)
    D 59点以下
    E 試験欠席等
    • 評価の割合に、成績評価「E」は設定しておりません
    • 割合は、Bを最大としています。
  2. 以下の科目については、相対評価基準対象外としています。
    卒業単位に含まれない教職・学芸員・司書・司書教諭科目
  3. 以下の科目については、可能な限り相対評価に近づけるよう努めています。
    • 成績評価対象者が20名未満の科目
    • 授業形態が実習または実技科目
    • ゼミナール
    • 卒業論文・制作等
  4. 同一科目名を複数教員で担当している場合には、担当教員間で成績評価の方針について、一定の基準を検討し、相互に調整しています。