学生生活 奨学金について

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構の奨学金制度は、勉学に励む意欲があり、またそれにふさわしい能力を持った学生・生徒が経済的理由により修学をあきらめることのないよう支援することを目的として国が実施する制度です。
詳細はこちらをご覧ください。

申込方法

  1. 予約採用(進学前の申込み)

    大学進学前に奨学金を予約する制度です。申込みは在学している高等学校等の奨学金窓口を通して行います。詳しくは、在学している高等学校等に確認してください。

  2. 在学採用(大学入学後の申込み)

    希望者は申込説明会を毎年4月に行いますので、学生課掲示板又はホームページで日程を確認の上、必ず出席してください。予約採用を申込まなかった方や予約採用で不採用になった方も再度申し込むことができます。

    • 学部在学生向け新規説明会の日時はこちら
    • 大学院在学生向け新規説明会の日時はこちら

  3. 家計が急変した学生の採用

    予期できない事由により家計急変が生じ、経済的支援が必要になった場合に申し込みができます。詳しくは、学生課にお問い合わせください。在学中、随時相談を受け付けます。

スカラネット・パーソナル

スカラネット・パーソナルとは、機構の奨学金を貸与・給付中の人や返還中の人が、現在の自分自身の貸与月額や返還総額等、奨学金に関する情報をインターネット上で閲覧することができる機構の情報システムです。また、返還中の人は、スカラネット・パーソナルを利用して転居・改姓・勤務先(変更)等の届出、繰上返還の申込等を行うことができます。

ログイン画面:https://scholar-ps.sas.jasso.go.jp/mypage/login_open.do

在学者の返還猶予について(貸与終了後、本学に在学している者について)

日本学生支援機構の奨学金貸与が、満期、辞退、廃止等により終了後、引き続き大学(大学院)の正規の課程に在学する場合、スカラネット・パーソナル(以下スカラネットPS)から「在学猶予願」を提出することにより、卒業(修了)予定期まで返還が猶予されます。
返還の猶予を希望する学生は、「WEBによる在学猶予願の提出方法の手引き(学生マニュアル)」を確認のうえ、以下のとおり手続きを行ってください。

WEBによる在学猶予願の提出方法の手引き(学生マニュアル)

【注意事項】

  • 在学猶予願を出さない場合、大学(大学院)に在籍していても、返還が始まります。
  • 留年の場合、在学猶予願は毎年手続きが必要です。
  • 在学猶予願の申し出後、日本学生支援機構で承認されるまで時間がかかるため、返還猶予を希望者は、貸与終了後、速やかに届け出てください。