入試情報 オープンキャンパス

日藝は、オンラインでも日藝だ。日藝のオンラインオープンキャンパス 日藝は、オンラインでも日藝だ。日藝のオンラインオープンキャンパス

日藝はオンラインでも日藝です!

2021年に100周年を迎える日藝は、これまでの歴史の中で、戦争や天災などの困難を全て乗り越えてきました。
アートやエンターテイメントは、どんな困難な時も消えることはありませんでした。オンラインでもオフラインでも、日藝のアート教育は実にピュアでクリエイティブです。
現在のオンライン授業でも、日藝の教員は、学生と共に日々新しいチャレンジを実践しています。そんな日藝をぜひ覗いてください。
皆さんのドキドキを駆り立て、共感できるコンテンツを、ぜひ見つけてください。
オンラインの中に、新しい魅惑のキャンパス・ライフが広がっています。「化けさせる日藝」の魂に触れてみてください。

日本大学芸術学部長
木村 政司

日本大学芸術学部PRビデオ

芸術学部入学者選抜説明

資料請求 資料請求

8学科コンテンツ

  • 写真学科
  • 映画学科
  • 美術学科
  • 音楽学科
  • 文芸学科
  • 演劇学科
  • 放送学科
  • デザイン学科
Photography

写真学科

光と影が紡ぐ世界の探求

写真学科では、伝統に基づきながらも常に最新の状況・情報に目を配り、現代における写真の可能性を見据え、幅広い芸術的教養と知識を身につけた写真家やクリエイター、写真のプロフェッショナルの育成をめざしています。
カリキュラムは「表現技術を学ぶ実習」「制作のための技術理論」「表現や研究を行うための表現理論」という3本の柱で構成しています。
映像メディアの原点であり、多様化する映像の世界において、ますます重要な位置にある写真と様々な角度から向き合い、その本質を追求します。
現在はオンラインのため実技実習がしづらい状況ですが、画像や映像を駆使し、これまでにも増して「写真とは何か」を考え、議論し合っています。
1本目の動画では、オンライン授業の様子、助手による施設紹介、そして、学生のいる写真学科の日常風景を写真で紹介しています。
2本目の動画では、入試に関する説明を、今年度変更点のある総合型選抜と一般選抜A個別方式第2期を中心に行っています。
7月25日(土)にはzoomをつかった学科相談会を行う予定です。是非のぞいてみてください。

写真学科サイトはこちら
https://www.nuaphoto.com/

写真学科紹介

写真学科入学者選抜説明

Cinema

映画学科

進化を続ける芸術の集合体

映画の表現世界は、サイレントからトーキーへ、白黒からカラーへと、さまざまな変化を遂げてきました。デジタル技術の急速な進歩で、映像表現の可能性はますます広がり、私たちの目の前には、新たな表現の世界が待ち受けています。
映画学科では、時代とともに進化する映像文化を新たな視点でとらえ、「芸術創造」と「情報伝達」の両面から探究しています。1年次から映像表現・理論、監督、撮影・録音、演技の4つのコースに分かれ、それぞれの目的に適した独自のカリキュラムのもとで学習。学生一人ひとりが高度な専門知識と技術を身につけ、映画・映像界のスペシャリストとして活躍できるよう、きめ細かな指導を行っています。
映画学科の施設を背景に、映画学科教員が学科紹介と入試説明を行います。1本目の動画では、学科主任と各コースの担当教員から、学科の紹介を行います。2本目の動画では、入試実務委員と各コース担当教員が、進学相談会でよくある質問に応えます。また、校舎案内を行う様子も収録していますので、学科の施設や機材を是非ご覧ください。

映画学科サイトはこちら
http://nuart-cinema.info/

映画学科紹介

映画学科入学者選抜説明

Fine Arts

美術学科

無限に変化を遂げる美の原点

美術は、さまざまな芸術の中で、歴史的にも大きな役割を担ってきました。そしていま、科学技術の進歩や生活革新が急速に進み、美術もまた、多様な変化を生み出しています。
このような美術の新しい流れを見極める一方で、過去から現在、未来へとつながる普遍的な「本質」を探り、人間が本来持っている豊かな創造力を育て、新しい芸術の創造をめざす人材の育成を教育の理念としています。
学科は、絵画コース(絵画専攻・版画専攻)と彫刻コース(彫刻専攻・地域芸術専攻)で構成され、技術の習得と芸術理論の両面から総合的研究を行っています。
美術学科、2コース4専攻の先生方から、各専攻の特徴についてお話をいただきました。
各専攻の雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです。

本年度から始まります、新しい入試形態についてまとめております。
参考にしていただければと思います。

美術学科サイトはこちら
http://nichigei-art.com/

美術学科紹介

美術学科入学者選抜説明

Music

音楽学科

メロディに姿を変えた感情の化身

音楽学科は、芸術総合学部の音楽学科として、広い視野と豊かな教養を培いながら、深い専門知識を身につけた音楽人を養成しています。作曲・理論、音楽教育、声楽、ピアノ、弦管打楽、情報音楽の6コースに分かれ、専門教育を実施。豊かな人間性を備えてこそ一流の音楽家であるという考えのもと、教授陣と学生同士のふれあいを大切にした個別指導を行っています。特に作品創作、研究論文、実技演奏の習得に力を入れており、成果を発表する機会を多く設けています。さらに音響学やデジタルデータによる楽曲分析の開講など、時代に先駆けた教育により、音楽の多様な可能性を追究しています。
1本目の動画では、それぞれのコースの専任教員が6つのコースを紹介します。学生やイベントの映像を織り交ぜ、音楽学科の概要を知ることが出来る動画となっています。
2本目の動画では、昨年度実施された入学試験からの変更点を要約してお伝えしています。入学試験の詳細な情報は動画内で紹介されていないため、詳しくは日本大学芸術学部入試案内をご覧ください。

音楽学科サイトはこちら
http://music.art.nihon-u.ac.jp/

音楽学科紹介

音楽学科入学者選抜説明

Literary Arts

文芸学科

本当の答えを見出すために

文芸学科は、文学研究に主眼をおく文学部とは異なり、文芸的な創造力と表現力を養うことを目的とします。つまり、文学研究の場である以上に文学を紡ぎ出す場であり、その領域は詩・小説・戯曲・批評・ジャーナリズムにまで及びます。表現活動を通して、主体的に「文芸」そのものを理解する学科です。
教育の中心にあるのが、創作活動の指導と実践をテーマにした「文芸研究(ゼミナール)」。実際の本づくりと同じプロセスで行われる「ゼミ雑誌」など、作品を発表する場も数多く用意しています。
4年間「書くこと、発表すること」に積極的に取り組むことにより、作家や編集者はもちろん、文学研究者や良識ある社会人を育成します。
1本目の動画は、文芸学科で開講されている授業や、取得可能な資格などについての紹介です。文芸学科で刊行している出版物や、他大学における文学部との違いも解説しています。具体的な学生生活をイメージするきっかけとしてご視聴ください。
2本目は、入学試験の情報を解説する動画です。本年度より学部全体で試験名称・日程等が刷新されることに伴い、変更点なども説明しています。受験を検討されている方はぜひご視聴ください。

文芸学科サイトはこちら
http://www.nichigei-bungei.info/

文芸学科紹介

文芸学科入学者選抜説明

Theatre

演劇学科

一体化する多彩な芸術の魅力

「理論と実践」「基礎と応用」「専門と総合」のバランスに配慮したカリキュラムで、劇場芸術と現代社会のつながりについて思考を深めます。時代と共に変貌し、多種多様な表情を見せる演劇を、理論的且つ実践的に研究し、創造的な表現を生み出す方法と技術を磨くことを目標としています。
また、実習授業や作品の学外発信活動、演劇系大学共同製作への参加、内外の演出家を招いてのワークショップなど、多くの発表の機会を用意しています。さらに福祉・教育など、演劇の応用領域に関する実践的な研究も重ね、新しい形のシアターワーク、演劇を通じたカルチュラルワークなどの開発にも、積極的に取り組んでいます。
2020年度より演劇学科はコース再編を行いました。学科説明の動画では、4コース10専攻を構える演劇学科の学びをご案内します。演劇学科には大切にしている理念があり、それをどのように実践しているのかを語ります。
入試説明動画では、今年度から変更する入試の特徴についてお話しします。誰も見たことのない演劇学科の秘密基地へみなさんをお連れしながら、私たちがどんな学生を求め、それが入試のどこに現れているのか知ってください。オンラインだからこそできる。潜入、演劇学科の奥の奥へ。

演劇学科サイトはこちら
http://theatre.art.nihon-u.ac.jp/

演劇学科紹介

演劇学科入学者選抜説明

Broadcasting

放送学科

身につけるのは発信力

放送学科では、1年次後期から始まる「テレビ制作」「ラジオ制作」「映像技術」「音響技術」「CM」「脚本」「アナウンス」の7分野の実習を軸に、放送に関する様々な演習・講義科目を併せて学ぶことで、創造力、表現力、発信力のレベルアップを図っていきます。
そして、理想的な環境で創作活動に打ち込めるよう常に学生をサポートし、学生個々の感性と創作意欲を刺激して、独創的で魅力ある作品の創作を促しながら、放送メディアに関する専門知識と情報伝達技術を習得してもらい、放送について理論的に考察できる人材、独創的で豊かな発想力を持つ人材、さらに放送を基盤としたマルチユースに対応できる有能な人材の育成を目指しています。
(実習紹介動画)
放送学科7つの専門分野「テレビ制作」「ラジオ制作」「映像技術」「音響技術」「CM」「脚本」「アナウンス」の授業風景をご紹介します。学生たちがスタジオや教室で生き生きと実習に取り組む様子をご覧ください。
(入試説明動画)
放送学科の「総合型選抜」(旧AO入試)と2月、3月に実施される「一般選抜」について、主に昨年度から変わる点に注目しながら、ご説明します。

放送学科サイトはこちら
http://www.nua-broadcast.net/

放送学科紹介(実習紹介動画)

放送学科入学者選抜説明(入試説明動画)

Design

デザイン学科

社会に問題意識とアイデアを提案し 秩序や仕組みを可視化する

広告やポスター、情報メディア、グラフィックサービス、家庭用品、電気製品、自動車、家具、住宅等、あらゆるジャンルのデザインの基礎を総合的に学び、幅広い知識と高度な専門性を持ったデザイナーを育成します。
デザインとは複雑なことを明快に、使い難いものを使い易く、混沌に秩序を与え我々の社会環境と生活を豊かで快適にすることです。また、地球の自然環境を守り持続可能な世界を維持するため、さまざまな技術や産業を通じて知恵と思考の組み立てを行うこともデザインの重要な役割です。
デザイン学科は、豊かな感性と鋭い洞察力を身につけ、デザイン思考と技術で多くの問題に解決策を提案できる力を持った総合的視野と造形力のある人材を育成することを目的としています。
オンラインオープンキャンパスでは、デザイン学科主任による、学科紹介及び入学者選抜に関する2本の動画を公開しています。
また、この他にもデザイン学科サイトにて合格者の参考作品を公開しています。
今後も、動画公開や、日藝のライブ参観日の期間中には個別面談を実施する予定ですのでお待ち下さい。詳細については、デザイン学科サイトをご覧ください。

デザイン学科サイトはこちら
http://design.art.nihon-u.ac.jp/

デザイン学科紹介

デザイン学科入学者選抜説明

Special Contents

日藝のライブ参観日

7月23日(木)・24日(金)・25日(土)

日藝は、オンラインでもライブだ。

上記日程に日藝のLIVE参観日を開催します。
オンライン授業の様子やライブイベント、学科独自の相談会など、
企画については随時公開していきますのでお楽しみに!
ぜひ日藝の雰囲気を覗きに来てください。

日藝のオンライン入試相談

芸術学部入試係のスタッフが入学者選抜、学習内容、学費、奨学金、学生生活などの
ご質問にお答えするフォーマットです。
受験を考えている高校生はもちろん、保護者の方もお気軽にご相談ください。

相談・申し込みフォーム

Access

〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
(西武池袋線各駅停車にて
江古田駅下車北口より徒歩1分)

日本大学芸術学部入試係

TEL:03-5995-8282
Email:art.nyuushi@nihon-u.ac.jp

『Googleストリートビュー』で江古田キャンパス内の様子を、外観だけでなく図書館、学食の雰囲気などリアルに体感いただけます。 お手持ちのパソコンやスマートフォンからこちらにアクセスしお楽しみください!
パソコンの十字キー(↑↓ポイントの移動)(→←画像の回転)で操作するとスムーズにご覧いただけます。

Twitter


日藝ではオープンキャンパス専用twitterアカウントを開設しました。
各学科の動画についてや、日藝のライブ参観日に関する情報、入学者選抜に関する情報などを随時発信していきますので、ぜひフォローしてください。
原則として返信は行いませんので、ご意見・問い合わせについては上記の「日藝のオンライン入試相談」から入力頂きますようお願いします。
なお、SNSを利用する際は、投稿記事の不本意な拡散など注意してご利用ください。
詳しくは、日本大学ソーシャルメディアポリシーをご覧ください。