Course of Study|演劇学科概要

演劇学科では、時代とともに変貌し、多種多様な表情を見せる演劇を、理論的かつ実践的に研究し、より創造的な表現を生み出す方法と技術を磨くことを目標としています。

カリキュラムは「理論と歴史」「表現方法と技術」の2分野で編成され、1年次からそれぞれの分野の専門基礎科目を履修。特に「表現方法と技術」の分野では、コース別で専攻基礎の教育に力を注いでいます。

また実習授業や作品の学外発信活動、演劇系大学共同制作への参加、内外の演出家を招いてのワークショップなど、多くの発表の機会を用意しています。さらに福祉・教育など、演劇の応用領域に関する実践的な研究も重ね、新しい形のシアターワーク、演劇を通じたカルチュラルワークなどの開発にも、積極的に取り組んでいます。

  • 演劇学科の教育理念
    Educational Philosophy

    演劇学科は、新制大学基準に則し、1950年4月、日本大学芸術学部における6番目の学科として発足しました。
    新制発足以前にも、専門部演劇学科あるいは法文学部芸術学科美学専攻といった部門があったので、それらを含めると、すでに創設から70年の歴史を有し、7000人以上の卒業生を社会へ送り出しています。

    新制当初から演劇学科の教育理念は、演劇の理論、歴史、技術の基礎教育を通じて、感性豊かな人間性の開発と専門的教養の修練に集約されますが、当初新制大学の基準やカリキュラムは、かなり文学的性格の強いもので、演劇教育の実践的特殊性を盛り込むには難点も多かったといえます。
    1960年頃から、演劇学科の構想が学部にも認められ、独自のカリキュラム編成が行われました。特にカリキュラム全体の相互関係と有機性を重視し、4年間における学習面の透視から、コース制の充実を図りました。1989年には、所沢校舎が開校し、基礎教育の充実がはかられました。

    演劇学科の教育の基本は、演劇を原理的に研究し、歴史をふまえながらも、より創造的な表現を生み出す方法と技術の基礎を研究し、練成することにあります。
    2020年からは「舞台構想」(専攻:劇作、演出、舞台監督、音響、企画制作)、「演技」(専攻:演技)、「舞台美術」(専攻:美術、照明)、「舞踊」(専攻:日舞、洋舞)の4コース10専攻となり、より幅広く舞台芸術について学ぶことができるようになりました。 

    1年次からはそれぞれの分野の専門基礎科目を履修しますが、特に「方法と技術」の分野は、コース別に分けて専攻基礎の教育に力を入れています。
    また、演劇文化についての基礎的な理解を深めつつも、応用領域において実践的な研究を重ね、新しいかたちのシアターワーク、演劇を通じたカルチュラルワークを開発してゆくことにも力を注いでいます。

    ことに『演劇』は、人間の生きる営みに密着して、数千年の歴史や伝統を引継ながら、しかも刻々と変貌しつつあります。現象の皮相に浮動することなく、生きる人間にとって、演劇とは何かを根本的問いとして新たに創造的な演劇の成り立ちを志向するのが演劇を科学するということです。その意味で、それは人間の根源を追求する科学といえます。

    演劇学科の教育の在り方、具体的な教科も、集約的には人間の営み (歴史と伝統) を縦軸に、表現に関わる原理と技術を横軸に構成されています。
    具体的に、演劇学科の専門科目は、A.理論・歴史部門、B.研究部門、C.表現技術部門の3部門に分かれ、編成されています。

  • 演劇学科の教育研究上の目的
    Purposes of Education and Research

    「理論と実践」「基礎と応用」「専門と総合」のバランスに配慮したカリキュラム体系、並びに学生の個性・習熟度に応じた教育体制を整備し、現代社会における演劇・舞台芸術の役割についての高い見識と、その新しい可能性をひらいていくための技術・創造力を兼ね備えた人材を養成します。

Keyword|学びのポイント

理論と実践

「理論と歴史」「表現方法と技術」の2分野で編成されたカリキュラムを創造的に組み合わせます。時代とともに絶えず変貌を繰り返し、多種多様な表情を見せる演劇を理論的かつ実践的に研究、より創造的な表現を生む方法を編み出し、表現技術を磨くことをめざしています。実習授業や作品の学外発信活動、演劇祭への参加、国内外の演出家を招いてのワークショップなど、学習意欲を刺激する学びも用意しています。

4つのコース、10の専攻

2020度入学者からは、「舞台構想」(劇作、演出、舞台監督、音響、企画制作)、「演技」(演技)、「舞台美術」(美術、照明)、「舞踊」(日舞、洋舞)の4コース10専攻へと学べる分野が増えます。「舞台構想」コースでは、1年次には5専攻のうち興味のある複数分野の基礎を履修し、2年進学時に自分の専攻を決めることができます。4年間をかけて基礎から応用までを徹底的に学び、知識と技術に裏づけられた創造的な表現力を培っていきます。

総合実習

総合芸術である舞台芸術は、それぞれのパートが協調することで完成するもの。「総合実習」は、演出、演技、舞踊、装置、照明など、すべてのパートを学生が担当し、一つの舞台を創り上げる授業です。計画・準備から上演、作品・活動評価にいたるまでのプロセスから、「見えること」と「見せること」を舞台上でどのように表現していくかを実践的に学び、演劇への理解を深めていきます。

  1. Point1
    理論と実践

    「理論と歴史」「表現方法と技術」の2分野で編成されたカリキュラムを創造的に組み合わせます。時代とともに絶えず変貌を繰り返し、多種多様な表情を見せる演劇を理論的かつ実践的に研究、より創造的な表現を生む方法を編み出し、表現技術を磨くことをめざしています。実習授業や作品の学外発信活動、演劇祭への参加、国内外の演出家を招いてのワークショップなど、学習意欲を刺激する学びも用意しています。

  2. Point2
    4つのコース、10の専攻

    2020度入学者からは、「舞台構想」(劇作、演出、舞台監督、音響、企画制作)、「演技」(演技)、「舞台美術」(美術、照明)、「舞踊」(日舞、洋舞)の4コース10専攻へと学べる分野が増えます。「舞台構想」コースでは、1年次には5専攻のうち興味のある複数分野の基礎を履修し、2年進学時に自分の専攻を決めることができます。4年間をかけて基礎から応用までを徹底的に学び、知識と技術に裏づけられた創造的な表現力を培っていきます。

  3. Point3
    総合実習

    総合芸術である舞台芸術は、それぞれのパートが協調することで完成するもの。「総合実習」は、演出、演技、舞踊、装置、照明など、すべてのパートを学生が担当し、一つの舞台を創り上げる授業です。計画・準備から上演、作品・活動評価にいたるまでのプロセスから、「見えること」と「見せること」を舞台上でどのように表現していくかを実践的に学び、演劇への理解を深めていきます。

Nichigei Mind|それぞれの日藝マインド

Career|卒業後の進路

劇場、興行会社、劇団、プロダクションなど舞台関係だけでなく、テレビ制作会社、美術製作会社など映像業界や一般企業に進む人もいます。

過去3年間の実績
松竹株式会社/四季株式会社/株式会社東急文化村/吉本興行株式会社/独立行政法人日本芸術文化振興会/株式会社オリエンタルランド/株式会社ユー・エス・ジェイ/株式会社サンリオエンターテイメント/株式会社WOWOW/株式会社AOI Pro/株式会社泉放送制作/日本映画放送株式会社/株式会社シアタークリエイション/株式会社パシフィックアートセンター/株式会社シグマコミュニケーションズ/株式会社電通クリエイティブX/株式会社博報堂プロダクツ/株式会社明治座/株式会社宝塚舞台/株式会社川本舞台照明/松竹衣裳株式会社/チャコット株式会社/株式会社大沢事務所/一般財団法人長野県文化振興事業団 ほか
ここに見出しのコピー文章文字が入ります
ダミーテキストです文章文字が入ります
  • 写真学科 4年
  • 山田 花子
  • Hanako Yamada
この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。この文章は文字サイズや文字量を把握するための目安として使用しているダミーテキストです。制作物の内容とは一切異なります。
  • ①中ホール
  • ②小ホール
  • ③実習室
  • ④大道具制作室