日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
日本大学芸術学部の教育方針

日本大学芸術学部では、教育目標を達成するためその教育方針を、下記のとおり定める。

1.卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

日本大学芸術学部は日本大学教育憲章に基づき、日本大学マインド、すなわち日本の特質を理解し、日本人の感性や価値観を身につけることにより世界の多様な文化や価値を受容し、自己の芸術表現を世界に発信するため、「自主創造」を構成する3つの能力(「自ら学ぶ」、「自ら考える」及び「自ら道をひらく」)を有し、芸術・文化全般にわたる広い視野を身につけた者に、学士(芸術)の学位を授与します。

・芸術の理論や歴史といった知見を学習し、自ら学ぶ力をもつ
日本及び世界の芸術の歴史や理論を学習することにより、豊かな知識と教養を身につけ、国際社会のニーズに高い倫理観を持って対応できる能力。
・芸術を深く研究することにより、自ら考える力をもつ
論理的な思考や批判的精神を持ち、人類の発展に向けて、芸術表現を通して問題解決できる能力。
・芸術の表現を磨き、自ら道をひらく力をもつ
社会において他者との協働力やコミュニケーション力、省察力を持ち、常に謙虚な姿勢で芸術分野の未来に向かって挑戦できる能力。

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

日本大学芸術学部はディプロマ・ポリシーで示した目標を達成できるよう、「8つのアー ト1つのハート」をコンセプトにし、以下の方針に基づき教育課程を編成及び実施します。また、各授業科目における教育内容、教育方法及び成績評価方法をシラバスに明示し、学生 に周知します。評価に関しては、実施する授業形態に即し、適正かつ厳格な方法で実施します。

・芸術に関する豊かな知識・教養を学ぶことによって、自らが芸術について考え、創造する能力を身につけることができる。
・芸術に関する技法や研究方法を学ぶことによって、論理的・批判的思考力を養い、問題発見・解決力を身につけることができる。
・芸術に関する制作の表現手段を学ぶことによって、作品発表への挑戦力を養う。 また、作品発表を通して、コミュニケーション力、協働力、省察力などの社会性を養い身につけることができる。

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

日本大学芸術学部では、本学の教育理念である「自主創造」のもと、自ら学び、自ら考え、自ら道をひらく能力を持った人材を育成します。そのため,8つの芸術分野それぞれを強く志す人、創造性が豊かでコミュニケーション能力に富み、芸術全般にわたり強い関心を持つ人、自らが芸術家、クリエイターになることを真剣に考えている人を求めます。
選抜方法として、学部実施の入学試験においては、各学科の特性に基づき、小論文、作文や実技等による専門試験及び面接試験を実施して、受験生の適性や創造性を個別的かつ直接的に審査するよう心掛けています。


以上を踏まえた、各学科における受入れ方針は以下のとおりです。


写真学科では、写真における芸術表現を中心に学習を行うため、写真の歴史や理論を学び、写真表現の技法について考え、報道、広告、ポートレート、芸術等の多様な分野に対応し、それぞれの専門とする写真表現を創造できる人材を求めます。
映画学科では、映画・映像における芸術表現を中心に学習を行うため、映画・映像の歴史や理論を学び、映画・映像表現の技法について考え、それぞれの専門とする映画・映像表現を創造できる人材を求めます。
美術学科では、美術における芸術表現を中心に学習を行うため、美術の歴史や理論を学び、美術表現の技法について考え、それぞれの専門とする美術表現を創造できる人材を求めます。
音楽学科では、西洋音楽を中心に学習を行うため、音楽の歴史や理論及び技法を学び、音楽表現について考え、それぞれの専門とする音楽表現を創造できる人材を求めます。
文芸学科では、創作、研究、ジャーナリズムにわたる多様な表現活動の学習を行うため、文芸の歴史や理論を基礎教養として学び、文芸史の意義や現代文学の表現方法について考え、次世代を担う文芸表現を創造できる人材を求めます。
演劇学科では、グローバルな視野から、劇場芸術及びそれに関連する実践について学習を行うため、演劇と舞踊の理論や歴史を現代社会とのつながりの中で学び、その技法についても考え、各自の専門とする表現を研究、創造できる人材を求めます。
放送学科では、情報時代の中心的役割を果たす「放送」を深く認識させる学習を行うため、放送に関する歴史や理論を学び、映像や音響、CMの表現について考え、放送を担うにふさわしい自由で豊かな表現を創造できる人材を求めます。
デザイン学科では、デザインにおける思考及び表現を中心に学習を行うため、デザインの歴史や理論を学び、デザイン手法について考え、それぞれの専門とする分野で新たなデザイン表現を創造できる人材を求めます。

日本大学芸術学部では、上記の学部及び学科における入学者受入れ方針に基づき、入学試験においては、試験区分により以下のとおり審査し、評価します。


1.一般入学試験(全学科共通)
一般入学試験では、A方式及びN方式においては、学力試験により大学生としての基礎学力到達度を審査します。また、A方式においては、学力試験とともに各学科の特性に基づいた専門試験及び面接試験等を実施して、受験生の適性や創造性を個別的かつ直接的に審査し、評価します。


2.そのほかの入学試験
本学部では、一般入学試験のほかにも、出願資格の異なる多様な入学試験を実施しますが、なかでもAO入学試験は、「日藝オーディション」として、学科ごとに求める学生像を示し、特色ある人材を受入れるよう心掛けています。試験科目については、原則として各入学試験共通のものですが、AO入学試験については、学科によりほかの入学試験とは異なる選考方法で審査、評価しています。


・写真学科
小論文試験では発想力、論理性、鑑賞力及び考察力を審査し、その創造性を評価します。また、面接試験では写真への情熱、写真を学習する適性及び人間性を審査し、評価します。
なお、AO入学試験においては実技試験、プレゼンテーション、小論文試験を実施します。実技試験では観察力、発想力及び対応力を、プレゼンテーションでは自己表現力、伝達能力を、小論文試験では論理性、鑑賞力及び考察力をそれぞれ審査し、その創造性を評価します。また、面接試験では写真への情熱、写真を学習する適性及び人間性を審査し、評価します。
・映画学科
小論文試験または実技試験(演技コースのみ)を実施します。小論文試験では論理性及び発想力を、実技試験では資質、技術及び表現力をそれぞれ審査し、その創造性を評価します。また、面接試験では映画を学ぶ意欲、適性及び人間性を審査し、評価します。
なお、AO入学試験においては、面接試験に加え、実技試験、記述試験、ディベートなどのコース別試験を実施して、各コースに応じた能力を審査し、その創造性を評価します。
・美術学科
実技試験ではこれまでの美術経験、表現力及び発想力を審査し、その創造性を評価します。また、面接試験では美術学習の適性及び人間性を審査し、評価します。
・音楽学科
実技試験ではこれまでの音楽経験及び表現力を、またコースにより併せて実施する音楽に関する小論文試験では論理性及び発想力をそれぞれ審査し、その創造性を評価します。また、面接試験では音楽学習の適性及び人間性を審査し、評価します。
・文芸学科
想像力と思考力を必要とする出題方法で小論文・作文試験を実施します。小論文試験では論理性及び発想力を、作文試験では語彙力及び表現力をそれぞれ審査し、その創造性を評価します。また、面接試験では志望動機及び適性を審査し、評価します。
・演劇学科
コースにより実技試験または作文試験を実施します。実技試験ではこれまでに培ってきた技術や経験のみならず表現力を、作文試験では発想力をそれぞれ審査し、その創造性を評価します。また、面接試験では劇場芸術を学んでいくための適性及び人間性を審査し、評価します。
なお、AO入学試験においては、劇場芸術を研究及び創造していく上で必要となる学びへの探求心と、グループワークにおけるコミュニケーション能力、つまり他者に対する伝達力及び協調性を見ることに主眼を置いた試験により審査し、その創造性を評価します。
・放送学科
作文試験では与えられた課題に対する着眼点、構成力及び表現力を審査し、その創造性を評価します。また、面接試験では放送分野を学ぶ上での意欲、適性及び人間性を審査し、評価します。
なお、AO入学試験においては、実技試験、作文試験及び面接試験を実施します。実技試験では将来アナウンサーとなる適性を、作文試験では与えられた課題に対する着眼点、構成力及び表現力をそれぞれ審査し、その創造性を評価します。
また、面接試験では将来アナウンサーとなる上で求められる適性、人間性及び将来性を審査し、評価します。
・デザイン学科
実技試験では観察力、表現力及び発想力を審査し、その創造性を評価します。また、面接試験ではデザイン学習の適性及び人間性を審査し、評価します。
なお、AO入学試験においては、実技試験、プレゼンテーション及び面接試験を実施します。実技試験では観察力、表現力及び発想力を、プレゼンテーションでは自己表現力及び伝達力をそれぞれ審査し、その創造性を評価します。
また、面接試験ではデザインへの情熱、デザインを学習する適性及び人間性を審査し、評価します。

施行日 平成29年4月1日