日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
日本大学大学院芸術学研究科の教育方針

日本大学大学院芸術学研究科では、教育研究目標を達成するためその教育方針を、下記のとおり定める。

1.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

博士前期課程

日本大学大学院芸術学研究科では、本学の教育理念である「自主創造」に基づき、芸術・文化全般にわたる広い視野を持つ者に、修士(芸術学)の学位を授与します。

・文芸学、映像芸術、造形芸術、音楽芸術、舞台芸術各専攻の修了要件を満たし、各学問分野における理論や歴史を自ら専門的
に探求する力を持つ
・芸術を深く研究し、問題を解決することで自ら思考する力を持つ
・芸術の研究と表現を磨き、自ら道を開く力を持つ

博士後期課程

日本大学大学院芸術学研究科では、本学の教育理念である「自主創造」に基づき、芸術・ 文化全般にわたる広い視野を持つ者に、博士(芸術学)の学位を授与します。

・芸術専攻の修了要件を満たし、理論や歴史を自ら専門的に探求する力を持つ
・芸術に関わる自立した創作・研究で問題を解決し、自ら思考する力を持つ
・芸術・文化の研究と表現を磨き、自ら道を開く力を持つ

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

博士前期課程

日本大学大学院芸術学研究科では、ディプロマ・ポリシーで示した目標を達成できるよう、以下の方針に基づき教育課程を編成及び実施します。

・豊かな知識・教養を身につけ、自らが芸術を理解し、高度な創造力と高い倫理観を身につけることを目標とする
・高度な研究・創作方法を身につけ、論理的・批判的思考力を養い、問題の発見と解決を探求する能力を身につけることを目標
とする
・関連領域への挑戦力を養い、研究と作品、制作の発表を通してコミュニケーション力、協働力を身につけ、さらに社会性も身
につけることを目標とする

博士後期課程

・高度な知識・教養を身につけ、自らが芸術を理解し、新たな創造を行う能力と高い倫理観を身につけることを目標とする
・高度な研究・創作方法を身につけ、論理的・批判的思考力を養い、問題の発見と解決能力を身につけることを目標とする
・関連領域への挑戦力を養い、研究と作品、制作の発表を行いながら社会性を身につけ、芸術の理論的構築能力を身につけるこ
とを目標とする

3.入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

博士前期課程

本学の教育理念である「自主創造」に基づき、芸術の歴史と理論を学び、多様化する高度な表現を論理的かつ批判的に思考し、新たな芸術の研究・表現を創造できる人を求めます。

博士後期課程(芸術専攻)

本学の教育理念である「自主創造」に基づき、芸術の豊かな知識・教養と倫理観を持ち、自ら研究課題を発見・解決する方法を思考し、自立した研究・創作活動に挑戦し、次代の芸術をリードする人を求めます。

選考について

日本大学大学院芸術学研究科では、創造性を評価します。論文(小論文)試験では論理性と発想力を審査します。実技・作品審査では技術と表現力を審査します。外国語試験では各専攻において文献・論文研究に必要となる読解力を審査します。
口述試験では各専攻分野で芸術を学ぶための意欲、適性及び人間性を審査します。


施行日 平成29年4月1日