日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
一般推薦入学試験概要

2017年度一般推薦入学試験 概要

入試諸日程

出願期間 試験期日 合格発表期日 入学手続期間
2016年11月1日(火)
~11月7日(月)
11月27日(日) 12月6日(火) 12月6日(火)
~12月20日(火)

募集方法

公募制

募集学科、コース及び募集人員

学科 コース 募集人員
写真 25名
映画 映像表現・理論、監督、撮影・録音、演技 8名
美術 絵画、彫刻 6名
音楽 作曲・理論、音楽教育、声楽、ピアノ、弦・管打楽、情報音楽 12名
文芸 15名
演劇 劇作、演出、演技、装置、照明、日舞、洋舞、企画制作 27名
デザイン 15名

出願資格

  1. 学業・人物が優秀で、高等学校または中等教育学校等を2017年3月卒業見込みの者。ただし、本学付属高等学校等(25校)に在学の者は除きます。
  2. それぞれの分野に対する強い情熱を有し、芸術的資質に恵まれていて、将来性のある者。かつ合格した場合、本学部に入学することを確約できる者。
  3. 下記の学科で定めた資格を有する者。(調査書には必ず学年ごとに評定が記載されていること)
学科 出願資格・出願要件
写真 3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が3.3以上の者。
映画 下記のすべての条件を満たす者。
  1. 映像作品制作の活動、評論、シナリオを含む作品を執筆、または演技において過去5年以内に積極的な活動を行ってきた者。
  2. 3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が3.5以上の者。
美術 下記のAまたはBの条件を満たす者。
  1. 美術・デザイン・造形に関する専門科目を24単位以上修得見込みの者で、3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が3.0以上の者。
  2. 3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が3.5以上の者。
音楽 音楽に関する専門科目を6単位以上修得見込みの者で、3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が3.3以上の者。
文芸 3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が4.0以上の者。
演劇 AまたはBのコースで、下記のすべての条件を満たす者。
  1. 劇作・演出・演技・照明・日舞・洋舞・企画制作コース
  2. 1. 授業、クラブ活動、学外における舞台芸術に関わる活動歴(演劇・舞踊・音楽等)が2年以上あり、それを証明できるものや資料等を有する者。

    2. 3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が3.5以上の者。

  3. 装置コース
  4. 1. 入学試験当日に、指定された作品を持参できる者。

    2. 3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が3.5以上の者。

デザイン 下記のAまたはBの条件を満たす者。
  1. 美術・デザイン・造形に関する専門科目を24単位以上修得見込みの者で、3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が3.5以上の者。
  2. 3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が3.8以上の者。

推薦者

在学する高等(中等教育)学校長

試験科目

学科 科目
写真 (1)書類選考
(2)小論文(60分・800~1,000字)
(3)面接
映画
  • (1)書類選考
  • (2)小論文あるいは実技
    • 映像表現・理論、監督、撮影・録音コース : 小論文(100分・1,000字程度)
    • 演技コース : 基礎的な音声及び身体表現
  • (3)面接
美術
  • (1)書類選考
  • (2)実技
    • 絵画コース : 油彩による静物画(アクリル絵の具併用可)(6時間)
    • 彫刻コース : デッサン(黒コンテまたは鉛筆どちらでも可・併用も可)(1~2課題・6時間)
  • (3)面接
音楽
  • (1)書類選考
  • (2)実技(一部のコースで小論文も実施)
    • 作曲・理論コース:
    • 作曲-(1)作曲(2)ピアノ
    • 理論-(1)小論文(60分・800字程度)(2)ピアノ
    • 音楽教育コース:(1)小論文(60分・800字程度)(2)ピアノ(3)声楽
    • 声楽コース:(1)声楽 (2)ピアノ
    • ピアノコース:ピアノ
    • 弦・管打楽コース:(1)それぞれの専攻する弦楽器、管楽器または打楽器(2)ピアノ
    • 情報音楽コース :(1)小論文(60分・800字程度)(2)演奏
    • ※課題曲等の詳細については『2017年度音楽学科入学試験実技課題曲案内』(PDF:1.2MB)に従ってください。
  • (3)面接
文芸 (1)書類選考
(2)小論文または作文(60分・800字)
(3)面接
演劇
  • (1)書類選考
  • (2)作文あるいは実技
    • 劇作、演出、照明、企画制作コース : 作文(60分・600字)
    • 演技コース:(1)演技(2)音感・リズム感
    • 装置コース:鉛筆による石膏デッサン(2時間)
    • 日舞コース:各自所属流派修得の任意の曲目を自由選択
    • 洋舞コース:リズム運動、舞踊的身体運動及びイメージ表現
  • (3)面接
デザイン
  • (1)書類選考
  • (2)A「実技2科目」またはB「実技1科目と小論文」のいずれの方法で受験するかを出願時に選択
    • A「実技2科目」
    • (1)鉛筆によるデッサン(4時間)(2)デザインプレゼンテーション(4時間)
    • B「実技1科目と小論文」
    • (1)小論文(120分・1,200字以内)(2)デザインプレゼンテーション(4時間)
      注)小論文においては、文章以外に説明図を記入してもよい
  • (3)面接

入学検定料

35,000円

出願資格確認等のための提出物

映画学科志願者及び演劇学科志願者は、出願資格の確認及び面接の参考とするため、下表の証明物を出願受付期間内に提出してください。 審査の結果、条件を満たさないと判断された場合は、各学科で定めた出願資格の(1)を充足しないことになり、出願書類は受理できません。
学科 提出作品・資料等
映画 映像表現・理論、監督、撮影・録音コース志願者
過去5年以内で積極的な活動を行ったことを証明できる映像作品・評論・執筆作品・資料等(2点以内)。ここでいう積極的活動とは、コンクールでの受賞・入選や学校行事等での発表・上映等をさす。
ただし、自分の担当が演技のみの作品は受け付けない。また、動画サイト、掲示板等への投稿は含まない。

演技コース志願者
過去5年以内で演技に関して積極的な活動を行ったことを証明できる作品・資料等(2点以内)。
提出するものは発表、上演等で公表されたものでなければならない。
また、その提出物の中で自分の担当が何であったかを明示する。出演作品などのDVD等で提出する場合は、 役名及び出演箇所(シーン、冒頭からの時間)をわかるようにしておく。

※全コースとも、入学試験要項に同封の「映画学科証明物提出票」を添付してください。なお、インターネット上の動画情報は、提出物として認めません。
演劇 劇作、演出、演技、照明、日舞、洋舞、企画制作の各コース志願者
2年以上の演劇・舞踊・音楽等の舞台芸術に関わる活動歴を証明できるものや作品・資料等。
※入学試験要項に同封の「演劇学科証明物提出票」を添付してください。
装置コース志願者
入学試験要項に同封の「演劇学科証明物提出票」のみ提出してください。ただし、入学試験当日には、「演劇学科証明物提出票」に記載した作品(「持参作品等」での指定物)を必ず持参してください。
※提出上の注意(映画学科・演劇学科共通)
(1)証明物は、出願書類とは別に送付してください。
(2)送付の際は、「○○学科証明物提出票在中」と封筒に明記してください。
送付先:日本大学芸術学部入試係
〒176-8525 東京都練馬区旭丘2-42-1
(3)証明物については面接終了後に返却します。

持参作品等

音楽学科作曲・理論コース(作曲)志願者は自作作品を入学試験当日に持参してください。
写真学科志願者、演劇学科装置コース志願者、及びデザイン学科志願者は、面接の参考資料とするため、自作作品等を入学試験日当日に持参してください。(下表参照)
学科 持参作品等
写真 積極的な写真活動を証明できる作品10点以上。(受賞・入選作品がある場合は賞状や作品の掲載された印刷物も持参してください。)
ただし、3学年(最終学年)1学期(前期)までの全体の評定平均値が3.8以上の者は作品持参は任意とします。
音楽 作曲・理論コース志願者は、5~6分程度の自作のピアノ曲の楽譜を持参してください。
演劇 装置コース志願者は、最近の自作作品(水彩画、モチーフは自由、A2サイズ)を試験当日に別途持参してください。
デザイン 自作作品5点以内とします。ただし、映像機器を使用するものは除きます。
※持参作品等については、面接終了後に返却します。

入学試験要項(願書)の入手方法

入学試験要項(願書)請求フォーム