日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
その他の奨学金
地方公共団体や民間育英団体奨学金などによって設立された奨学金制度の詳細については、随時、学校の掲示板か下記の掲示で確認するようにしてください。

>>国籍を問わない奨学金 >>日本人学生を対象とする奨学金 >>私費外国人留学生を対象とする奨学金

国籍を問わない奨学金

名称 交通遺児育英会
種別 貸与
応募資格 ◇保護者が自動車やバイクの事故など,道路における交通
死亡したり,著しい後遺障害のために働けず,経済的に修学
困難な学生であること。(申込時25歳までの者)
※著しい後遺障害とは
動車損害賠償保障法施行令別表第1及び別表第2の第1級から第7級までの障害(身体障害者福祉法の第1級から第4級がほぼこれに相当)
◇平成30年4月現在,芸術学部(大学院除く)に在籍している者
◇家計基準あり(家族数で異なりますが,3人世帯の目安です)
与所得者   940万円(源泉徴収票の支払金額
所得者以外  520万円(所得証明書の所得金額)
◇他の奨学金との併用可能
出願書類
☆=学生課備付けの所定用紙
★=各自で取り揃えるもの
☆奨学生願書
☆大学奨学生推薦書
★交通事故証明書
★後遺障害の程度を証する証明書(死亡の場合は不要))
★保護者の所得に関する証明書
★戸籍謄本
★奨学金受取口座の「通帳」の「名義と口座番号」部分の写し
貸与金額

40,000円,50,000円又は60,000円から選択
貸与期間 正規の最短修業年限内
応募方法・締切日時 応募希望者は,学生課にて願書を受け取り,
4月1日~10月20日までの期間に
出願書類とともに学生課へ推薦調書の作成を依頼し,
後日返却された書類一式を下記財団へ提出すること。
問合・出願先 公益財団法人 交通遺児育英会 奨学課
〒102-0093 千代田区平河町2-6-1 ℡ 0120-521-286
2018年4月16日 学生課
名称 交通遺児育英会大学院奨学生
種別 貸与
応募資格 ◇保護者が自動車やバイクの事故など,道路における交通
死亡したり,著しい後遺障害のために働けず,経済的に修学
困難な学生であること。(申込時25歳までの者)
※著しい後遺障害とは
動車損害賠償保障法施行令別表第1及び別表第2の第1級から第7級までの障害(身体障害者福祉法の第1級から第4級がほぼこれに相当)
◇平成30年4月現在,芸術学研究科(大学院)に在籍している者
◇他の奨学金との併用可能
出願書類
☆=学生課備付けの所定用紙
★=各自で取り揃えるもの
☆奨学生願書
★交通事故証明書
★後遺障害の程度を証する証明書(死亡の場合は不要))
★戸籍謄本
★奨学金受取口座の「通帳」の「名義と口座番号」部分の写し
貸与金額

50,000円,80,000円,又は100,000円から選択
貸与期間 正規の最短修業年限内
応募方法・締切日時 応募希望者は,学生課にて願書を受け取り,
4月1日~10月20日までの期間に
出願書類とともに学生課へ推薦調書の作成を依頼し,
後日返却された書類一式を下記財団へ提出すること。
問合・出願先 公益財団法人 交通遺児育英会 奨学課
〒102-0093 千代田区平河町2-6-1 ℡ 0120-521-286
2018年4月16日 学生課
名称 一般社団法人大学女性協会2018年度国内奨学金
種別 給付
応募資格 ◇一般奨学生:大学院2年生以上に在籍する女子学生で、学業・人物ともに優れた者(累計GPAが3.30以上の者)
◇社会福祉奨学生:学部2年生以上・大学院2年生以上に在籍し身体に障害がある女子学生で、学業・人物ともに優れた者(累計GPAが学部生3.00以上、大学院生3.30以上の者)
出願書類
☆=所定用紙
★=各自で取り揃えるもの
☆履歴書・自己紹介書(写真貼付)
☆大学女性協会国内奨学生推薦書(指導専任教授に作成を依頼すること)
★成績証明書
☆「研究・勉学の内容について」
大学院生 別紙様式A
学部生 別紙様式B
☆「研究および活動業績リスト」(大学院生のみ 所定の様式を使用)
☆身体障害状況報告書と身体障害者手帳の写し(社会福祉奨学生希望者のみ)
給付金額
一般奨学生 大学院生年額=200,000円
社会福祉奨学生 学部生年額=100,000円
大学院生年額=200,000円
推薦人数
一般奨学生 日本大学全体で1名
社会福祉奨学生 日本大学全体で1名 
その他
選考結果は2018年11月末日までに通知し、贈呈式は2019年1月の予定
応募方法・締切日時 応募希望者は、学生課へ申し出て募集要項を受け取り、7月31日(火)までに出願書類一式を学生課へ提出すること。
※所定用紙は同協会ホームページからダウンロードも可能です
2018年6月21日 学生課

日本人学生を対象とする奨学金

名称 公益財団法人似鳥国際奨学財団(日本人学生対象)奨学生
種別 給付
応募資格 ◇日本国籍を有する者
2019年4月1日現在,学部課程の2・3・4年生に正規生として在籍する者
◇学業・人物ともに優秀であり,健康である者
 ※2018年4月1日現在の累計GPAが3.00以上の者
◇受給期間中,他の給付型奨学金や助成金との重複受給は不可
応募方法 Webにてエントリー(2018年3月1日~2018年11月18日)
★似鳥国際奨学財団HP→奨学生募集→【2019年度奨学生募集】から応募
給付金額

(自宅生)= 月額50,000円
(自宅外)= 月額80,000円
給付期間 1年間
備考 応募希望者は,受付期間内にウェブにてエントリーを行った上で
必ず出願書類一式のコピーを学生課へ提出すること
応募・問合せ先 公益財団法人 似鳥国際奨学財団 東京事務局
〒115-0043 東京都北区神谷3-6-20(株)ニトリホールディングス東京本部内
TEL 03-3903-3593 FAX 03-6741-1291  E-mail nitoriKSZ_09@nitori.jp
http://www.nitori-shougakuzaidan.com/
2018年4月16日 学生課
名称 日本学生支援機構 優秀学生顕彰
種別 給付
応募資格 日本学生支援機構の奨学金を貸与・給付により受給している者
又は日本学生支援機構第二種奨学金の推薦基準(学力基準・経済基準)※1を満たしている者で、以下のいずれか※2に当てはまる日本人の学部学生
国際的コンクール等で入賞(入選)以上の成績もしくはそれと同等の成績を収めた者
日本を代表する全国的規模のコンクール等で、特に優れた成績(最高位もしくはこれに準ずる成績)を収めた者
行政機関や公益団体から特に優れていると高い評価を得た者
※1推薦基準については下記URLを参照すること
https://www.jasso.go.jp/about/organization/kensyo/kijun.html
※2業績は現在在籍している学部時代のみを対象とする
出願書類 ☆申請書(別紙様式2)及び電子データ
☆活動記録記入票(別紙様式3)及び電子データ
☆将来構想記入票(別紙様式4)及び電子データ
☆業績記入票(別紙様式5-A〜F)及び電子データ
☆アンケート(電子データのみ)
☆業績記入票に記載した業績を証明する資料(賞状の写し等)
☆平成30年度(平成29年分)所得証明書
※日本学支援機構奨学金を貸与していない者のみ必要
給付金額
大賞50万円、優秀賞30万円、奨励賞10万円
応募方法・締切日時 応募希望者は、7月13日(金)までに学生課へ申し出て願書を受取り、7月20日(金)までに出願書類一式を学生課へ提出すること。
2018年6月11日 学生課
名称 デザイン・工芸美術専攻学生奨学金(佐々木泰樹育英会)
種別 給付
応募資格 日本国籍を有し、デザインまたは工芸美術を専攻する学生であって次の各号すべてに該当する者
◇デザイン(グラフィックデザイン、プロダクトデザイン)または工芸美術(彫刻、陶芸、漆工、テキスタイル等)の分野で優れた感性と知識がある者
◇優れた作品を通じて、社会の発展に寄与するという高い志と熱意を有する者
◇専攻分野にて独立し、東京都にてデザイナーまたはアーチストとして活動を志している者
◇2018年4月1日現在29歳以下の者
◇採用時に実施する奨学金給付通知授与式に参加できる者
※2018年10月24日(水)開催予定
出願書類
☆=学生課備付けの所定用紙
★=各自で取り揃えるもの
★申込書(財団指定書式 HPからダウンロードしてください)
★住民票記載事項証明書(個人番号が記載されていないもの)
★在学証明書
★創作活動に関する受賞歴がある場合はそれを証明する資料の写し
★これまでに作成した代表的な作品
・グラフィックデザインは50点以内(1点につきA4版1枚)
・工芸美術及びプロダクトデザインは3点以内(A4版・1点につき写真4枚・縦横高さ寸法記載)
※作品サイズ800×800×800以内とし、面接選考時に提出された作品現物を持参すること
★パーソナル・ステイトメント(Microsoft WordでA4縦・横書き・400文字以内厳守)
★証明写真(縦36-40mm×横24-30mm、縦横比率4:3)
給付金額
学 部 生 年額30万円
大学院生 年額100万円
給付期間
2018年10月〜2019年9月(1年間)
但し、在学課程の最終学年は在学期間のみ支給
推薦人数
若干名
応募方法・締切日時 応募希望者は、学生課へ申し出て願書等を受け取り、9月2日までに応募書類一式をメールにて財団事務局jimukyoku@sasakitaijyuikueikai.or.jpへ送信すること
※送信前に応募書類一式のコピーを学生課へ提出すること
2018年7月6日 学生課
名称 官民協働海外留学支援制度
~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム(第10期)~
種別 給付
応募資格 以下に掲げる要件を全て満たす留学を計画する者
平成31年4月1日から平成31年10月31日までの間に諸外国において留学が開始される計画。なお、日本で開催される事前研修に参加することを前提とする
◇留学期間が28日以上2年以内(3ヶ月以上推奨)の計画
◇平成31年4月1日現在の年齢が30歳以下である学生
◇インターンシップ報酬や他団体奨学金が支給される場合、その平均月額が本制度による奨学金の支給月額を超えない学生
◇留学先における受入れ機関が存在している計画
※受入機関とは大学に限らず、研究機関、国際機関、インターンシップを受け入れる海外の企業等を含む(但し、語学学校は受入機関対象外)なお、受入機関から入学(受入)許可書があれば申請時に提出すること
◇留学目的に沿った実践活動(フィールドワーク)が含まれる計画
出願書類 ①留学計画書(留学計画書 事前準備用PDF)
※「トビタテ!留学JAPAN」ホームページの募集要項からダウンロード可。なお、正式な申請はオンラインシステムへの直接入力となります。
②自由記述書(A4タテ2枚以内)
※紙媒体及びPDFデータ
③留学先受入機関の受入証明書(ある場合のみ)
※紙媒体及びPDFデータ
④家計支持者の源泉徴収票写し(直近で発行されたもの)
※大学院生は本人及び配偶者のものを提出
給付金額
奨学金:
①大学全国コース(学生支援機構が掲げる家計基準を満たす学生)
甲地区=月額160,000円(北米、欧州、中近東(一部地域除く))
乙地区=月額120,000円(アジア(一部地域を除く)、中南米、アフリカ)
②大学オープンコース(学生支援機構が掲げる家計基準を超える学生)
全地区=月額60,000円
留学準備金(定額):
アジア地域=150,000円
上記以外の地域=250,000円
授業料(定額):
1年以内の留学=上限300,000円
1年を超える留学=上限600,000円(13か月以上)
応募方法・締切日時 本奨学金はオンライン入力による申請が必要となります。申請を希望する学生は、まず学生課窓口で留学計画を相談の上、申請資格の有無を確認してください。窓口への申し出締め切りは平成30年8月22日(水)とします。
問合せ先 http://www.tobitate.mext.go.jp/
2018年7月9日 学生課

私費外国人留学生を対象とする奨学金

名称 公益財団法人似鳥国際奨学財団(留学生対象)奨学生
種別 給付
応募資格 2019年4月1日現在、在留資格が「留学」である日本国籍以外の私費留学生
2019年4月1日現在、学部2年〜4年又は大学院修士課程に在学する正規生
※本件は2019年度(来年度)募集分となります。2018年度ではありませんのでご注意ください
◇日本語による意思伝達(面接時における)が十分に可能である者
※2018年4月1日現在の累計GPAが3.00以上の者
◇国際理解と国際間の友好親善に寄与できる者
◇受給期間中、他の給付型奨学金や助成金との重複受給は不可
応募方法 WEBにてエントリー(2018年3月2日〜2018年11月18日)
★似鳥国際奨学財団HP→奨学生募集→【2019年度奨学金応募エントリー】から応募
給付金額
月額=110,000円(選考総合順位が高い一部の学生は150,000円)
給付期間
1年間
備考 応募希望者は、受付期間内にウェブにてエントリーを行った上で必ず出願書類一式のコピーを学生課へ提出すること
応募・問合せ先 公益財団法人 似鳥国際奨学財団 東京事務局
〒115-0043 東京都北区神谷3-6-20(株)ニトリホールディングス東京本部内
TEL:03-3903-3593 FAX:03-6741-1291 E-mail:nitoriKSZ_09@nitori.jp
http://www.nitori-shougakuzaidan.com/
 
2018年5月7日 学生課
名称 公益財団法人 佐藤陽国際奨学財団私費留学奨学生
2018年10月期の私費留学奨学生)
種別 給付
応募資格
バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、インド、インドネシア、ラオス、マレーシア、モルディブ、ミャンマー、ネパール、パキスタン、フィリピン、シンガポール、スリランカ、タイ、東ティモール、ベトナム
から来日し、学部又は大学院に在籍している当該国の国籍を有する私費留学生で下記の条件を満たす者
①対象学年
学 部 生:2年生、3年生
大学院生:修士1年生、博士1年生、博士2年生
②国際理解と親善に関心を持ち、交流会(年6回東京で開催)に出席できる者
③奨学金受給時点(2018年10月)で学習奨励費等の名目に関わらず、他奨学支援団体等から奨学金に類する金品を受給していない者(貸与奨学金については応募可)
④留学資格「留学:college student」を有する者
⑤日本で就業している親がいない者
⑥「博士」の学位を取得していない者
⑦現在在籍している課程の修学期間が奨学金支給開始時(2018年10月)より1年以上ある者
⑧勉学・研究に支障のない日本語能力を有する者(※日本語能力試験N1程度)
⑨財団の奨学生を終了後、SATOMとして交流活動に積極的に協力できる者(SATOMとは佐藤陽財団の卒業生のことです)
⑩学部学生は成績証明書が提出可能な者
出願書類
☆=学生課備付けの所定用紙
★=各自で取り揃えるもの
①☆奨学生申込書 別紙①(日本語での自筆 カラー写真を貼付すること)
②☆履歴書1・2 別紙②(日本語での自筆)
③☆指導教員からの推薦状 別紙③
④☆指導教員からの評価書 別紙④(博士後期課程のみ)
※③・④における指導教員は専任の教授とする
⑤☆エッセイ 別紙⑤(日本語で自筆 所定用紙A4 2枚にまとめること)
⑥★成績証明書(資料Ⅰ参照)
⑦★研究計画書(資料Ⅱ参照)(研究要旨を含むこと)(大学院生のみ)
⑧★研究実績(資料Ⅱ参照)(大学院生のみ)
⑨★在学証明書
⑩☆チェックシート
給付金額
大学院生月額=180,000円
学部生月額=150,000円
募集人数
日本全国で約20名
給付期間
2018年10月から2020年9月までの2年間(10月から支給)
※但し、2018年4月時点で課程修了が1年の者は1年間
方法・締切日時 応募希望者は、学生課へ申し出て願書等を受け取り、7月20日(金)17:00までに出願書類一式を学生課へ提出すること。
2018年6月11日 学生課
名称 2019年度公益財団法人渥美国際交流財団奨学生
種別 給付
応募資格 日本以外の国籍を有し、大学院博士後期課程に在籍している者で、2020年3月までに博士号取得の見込みのある者
累計GPAが3.30以上の者
◇居住地が関東地方にある者
◇日本語が堪能な者(※日本語能力試験N1 応募書類・面接はすべて日本語のみ
◇奨学金の受給期間に、正規の職(常勤職)に就く予定のない者、ほかの奨学金を受ける予定のない者
出願書類
☆=学生課備付けの所定用紙
★=各自で取り揃えるもの
☆申込書(上半身の近影写真3.5×5cmを貼付 書類は自筆で書くこと)
☆在籍大学の指導教員の評価項目表(厳封)
★在学証明書
★履歴書(A4紙に日本語でワープロ横書き1〜2枚)
★研究の要旨(A4紙に日本語でワープロ横書き600字程度、1枚以内)
★発表論文のリスト(A4紙に日本語又は英語でワープロ横書き、枚数制限無)
★研究計画書(A4紙に日本語でワープロ横書き、図表を含め4枚以内)
給付金額
月額=200,000円
給付期間
1年間(2019年4月〜2020年3月)
採用者数
日本全国で約12名程度
応募方法・締切日時 応募希望者は、学生課へ申し出て願書を受け取り、9月3日(月)〜9月28日(金)必着で指定された宛先へ直接出願書類一式を郵送すること
※出願書類一式のコピーを必ず学生課へ提出すること
出願先 公益財団法人渥美国際交流財団事務局
〒112-0014 東京都文京区関口3-5-8
TEL:03-3943-7612
2018年7月9日 学生課