日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
ドラマもニュースも、演出も技術も。
情報文化の発信者として、
豊かな創造力・表現力を身につけます。

テレビ(映像)もあればラジオ(音声)もある。また報道、教育、娯楽のすべてのジャンルをカバーし、それらを融合した番組も多数存在する。放送は、とても間口が広く、常に新たな可能性が広がっている世界です。

放送学科のカリキュラムは、1年次から段階的に積み上げていく形で構成。1年次前期の「映像制作演習」「音響制作演習」で基礎的な知識・技術を身につけた後、1年次後期から「テレビ制作」「ラジオ制作」「映像技術」「音響技術」「CM」の5専攻に分かれて実技・理論を修得します。
また、「脚本」「アナウンス」「テレビ企画構成」「ラジオ企画構成」「コピー・コンテ」「取材調査」「ルポルタージュ」など専攻の枠を超えた実習・演習を数多く設置。専門分野を究めると同時に、より広い視野を持ち、マルチな才能を発揮できる人材を育成しています。