日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE

放送学科の教育ポイントMISSION STATEMENT

放送学科の教育理念
Educational Philosophy


放送学科では、情報時代の中心的役割を果たす「放送」を深く認識させるとともに、放送を担うにふさわしい自由で豊かな創造力と表現力を持つ人材の育成をめざしています。

そのために、まず一般教育科目や語学、基礎専門科目、そして必修となる「映像制作演習」「音響制作演習」等を通して、放送を学ぶ視野視点を身につけます。さらに、高度な専門科目として様々な理論講座を受講し、その実践と創意工夫の場となる実習や各種演習を通してレベルアップを図っていきます。

また放送学科では、テレビスタジオ・録音スタジオ共にフルデジタル化し、ハイビジョン制作やサラウンド制作が可能です。技術的なサポートスタッフも充実しており、創作活動に打ち込める理想的な環境を整えています。

放送学科の教育研究上の目的
Purposes of Education and Research

多様化する情報、進化する放送技術の中で、学生個々の感性を刺激し、魅力的で独創的な作品を創作することによって、自由に自己表現できる人材を養成する。併せて、放送メディアに関する専門知識と情報伝達技術を身に付け、放送について深く理解し、理論的に考察できる人材、独創的で豊かな発想力を持つ人材、さらに放送を基盤としたマルチユースに対応できる有能な人材を養成する。

放送学科の活動
Works

中学生のための
情報番組制作ワークショップ
練馬区教育委員会主催、放送学科共催の情報教育推進事業
情報番組の制作を通してメディア・リテラシーを身につけることを目的とした職業体験型ワークショップ。「練馬区の『素敵』を見つける」をテーマに、中学生自らが企画・取材・編集、そして本番のスタジオ収録までチャレンジし、テレビ情報番組『練馬素敵調査隊!』を制作しました。

放送学科の施設・機材
Facility

主な施設

テレビスタジオ1
テレビスタジオ1
スタジオカメラ
スタジオカメラ
音声卓
音声卓
録音スタジオAサブ
録音スタジオAサブ
テレビスタジオ1サブ
テレビスタジオ1サブ
テレビスタジオ2
テレビスタジオ2