日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
問題に対する解決策を提案できる力と
様々な要素を高い次元で融合させる
総合力を身に付けたデザイナーを育成します。

広告やポスター、情報メディア、グラフィックサービス、家庭用品、電気製品、自動車、家具、住宅等、あらゆるジャンルのデザインを総合的に学び、幅広い知識と高度な専門性を持ったデザイナーを育成します。

デザイン学科は「理論と実践」をベースに多様な問題に対するデザイン思考と、制作技術の体得を目指します。

一年次では、デザインの基礎をコミュニケーションとして捉え、その基礎知識と技術の習得に専念します。併せてグラフィック・メディア・インタラクション・プロダクト・インダストリアル・スペース・アーキテクチャー等の基礎演習や実習からその概念や意義を学びます。
二年次以降は自らが選択した専門領域を核に、必要とする他の領域を自由に学びながらデザイン手法を修得し、多様な社会の要請に応えられるデザイン力を育成します。
さまざまな価値観が交錯する現代、芸術総合大学としての日藝デザインが目指すものは、社会に貢献するデザインの可能性です。

デザインン学科の履修モデル
Curriculum

『デザインの基本と「適性」を知る』
デザインの理論と技法の基礎をマスター(共通教育)
ステップアップ
『才能を引き出す』
「適性」に応じた専門領域へのアプローチ
ステップアップ
『専門性を磨く』
実践的な専門教育プログラム
ステップアップ
『専門を生かし社会への適応力を鍛える』
ゼミナール、卒業論文・卒業制作
 
『専門を極める』
高度専門学術研究
専攻一覧
アーキテクチャー
(住宅・環境・リノベーション 他)
スペース
(インテリア・エキシビション・ディスプレイ 他)
プロダクト
(生活用品・雑貨・クラフト 他)
インダストリアル
(工業製品・家電・車両 他)
インタラクション
(インターフェイス・ユーザビリティ 他)
メディア
(ウェブ・イメージング・ネットワーク 他)
グラフィック
(広告・イラスト・CG・プロモーション 他)