日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE

美術学科のコース紹介COURSE

絵画コース
Painting / Printmaking

1~2年次では、身近な自然の観察を主体にして、石膏像やモデルなどのデッサン(胸像、全身像、静物、人体、風景など)、油彩(人体、コスチューム、大型静物、風景、自由制作など)を中心に、基礎的な描写力を養成します。同時に、彫刻の領域である塑像や木彫の実習と、版画の基礎的な知識・技術を身につけるために、リトグラフとエッチングの実習を全員に課しています。

絵画制作を多面的かつ創造的に深めていくために、絵画の古典技法であるフレスコ、テンペラの集中実習を行うなど、美術の諸領域の基礎的な実技体験を重点的に行っています。また、理論・研究の専門科目では、美術史概論、美術作品研究、古典技法、版画基礎、色彩学、図学、デザイン論などを履修し、美術館見学も行います。

3年次から絵画と版画にわかれ、専門的な知識、技術、表現力の一層の向上に努めます。絵画を選択した学生は、人体油彩、コスチューム(民族衣装など)、大型静物、風景などの自由制作に取り組みます。

一方、版画では3年次に、版形式の中の3つの形式(木・石・胴版)を各1ヵ月半から2ヵ月間、各版種の素材が生み出す特性を考えながら専門的技術を修得。4年次には自由制作を中心に、自己の表現意図を掘り下げ、その表現に合う技法をさらに習熟させていきます。

理論・研究の専門科目は、日本美術史、西洋美術史、東洋美術史、美術学、美術作品研究、古美術研究、版画概論、解剖学、美的構成研究などを履修します。

4年次には、絵画、版画ともに、これまでの研究制作の総仕上げとして、担当教員の個人指導を受け、学生各自の問題意識に基づくテーマで卒業制作を行います。

彫刻コース
Sculpture

本コースでは、塑像によるモデル実習と実材実習で彫刻の基礎を修得。次の段階では、基礎的な彫刻実習と自由な発想による制作で、自らの表現や芸術の多様性を自覚し、自立への模索を促す教育を行っています。古典や現代美術の鑑賞、さまざまな特別講義、美術館見学など、広い視野を育てるカリキュラムを構成し、自己表現の明確化をめざしています。

1年次では、石膏、人体デッサン、および塑像や実材により自然観察(頭像、裸婦、動物)で感性の解放と表現力を養うとともに、実材彫刻(石、木、金属)を履修。観察や表現を通して基礎的な技術を学び、安全性なども体得します。

2年次では、塑像による人体制作と演習を通して、自然観察と造形についての考察を深めます。同時に、版画制作で版についての基礎知識を学びます。

3年次では、自分で計画を立ててモデル実習と実材で自由制作を行い、造形の本質について考察し、創造的な個性を追求します。

4年次では、1~3年次での制作を踏まえ、より自由な発想と自分自身の認識を深め、創造的な個性の追求を目的としています。

なお、講義は、理論・歴史部門から美術史概論、西洋美術史、日本美術史、東洋美術史などを、研究部門から美術作品研究、古美術研究などを履修します。