日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE

美術学科の教育ポイントMISSION STATEMENT

美術学科の教育理念
Educational Philosophy


美術は、さまざまな芸術の中で、歴史的にも大きな役割を担ってきました。そしていま、科学技術の進歩や生活革新が急速に進み、美術もまた、多様な変化を生み出しています。
このような美術の新しい流れを見極める一方で、過去から現在、未来へとつながる普遍的な「本質」を探り、人間が本来持っている豊かな創造力を育て、新しい芸術の創造をめざす人材の育成を教育の理念としています。

学科は、絵画(油彩・版画)と彫刻の2コースで構成され、技術の習得と芸術理論の両面から総合的研究を行っています。

美術学科の教育研究上の目的
Purposes of Education and Research

美術にかかわる諸分野の専門家を養成する。多様化する芸術の現状を見据え、創作と理論、歴史研究や作品研究、表現技術の習得をしながら、作家としての自立を模索していく。また、自己の外側の世界に積極的に関心を持ち、視野を広げ創造を喚起して、自分自身の表現の主題を明確にしていく。