日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE

文芸学科の授業紹介CLASS

文芸学科の授業紹介

文芸学科の授業紹介

文芸学科の授業紹介

文芸学科のユニークな授業

DTP実習
*担当教員:青木敬士准教授



授業のねらい

出版業界の常識となったパソコンによる誌面編集。このDTPの技術を、基礎からデータ入稿に対応できるまで実践的に指導します。DTPソフト(Adobe InDesign、Photoshop、Illustrator)使用法の習熟から、伝統的な日本語組版の美学を意識しつつ独創的デザインにつなげるクリエイティビティ獲得までを視野に入れています。

文芸学科では、DTP実習で使用するマシンと同等のDTP用ソフトがインストールされたパソコンを完備した「出版編集室」を、所沢・江古田両校舎とも10~18時のあいだ開放して、いつでも思い立った時に作業できる環境を提供しています。近年、学生たちが制作する「ゼミ雑誌」や「実習誌」、自主発行フリーペーパーなどのデザインが目に見えて洗練されてきたのは「発想をすぐさまカタチにできる環境」も一役買っている気がします。



担当教員

青木敬士[准教授]
Keishi Aoki

1970年北海道生まれ。1991年、小説『去勢手術は左手で』により第7回日大文芸賞受賞。1993年、小説『恣意名』により日本大学芸術学会奨励賞受賞。2005年より文芸学科専任講師に着任。主にサブカルやネット文化を扱い、創作へと結びつける講義を展開する。著書にMacのゴミ箱から始まるネット文化論集『世界はゴミ箱の中に』(現代図書)がある。