日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE

文芸学科の教育ポイントMISSION STATEMENT

文芸学科の教育理念
Educational Philosophy


本学科は、古今東西の文学を研究する文学部とは性格を異にし、自分自身の背負うべき課題を発見して、その追究に「道」を与えるものとして、創作や批評などの方法を取り入れています。つまり、文芸学科は文学研究の場である以上に文学を紡ぎ出す場であり、その領域は詩、小説、戯曲、批評にとどまらず、広くジャーナリズムの要請にも応えて新分野を開拓しようと努めています。いつの時代も創作活動を中心に考える本学科の特色は、表現活動を通して主体的に文芸そのものをとらえる点にあるのです。

文芸学科の目標は、文芸的な想像力と表現力を養うこと。そのため、創作活動の指導と実践を課題とする「文芸研究(ゼミナール)」を基本的な授業科目として設けています。もちろん、文芸創作に不可欠な講義や実習、DTP対応のコンピュータを完備した出版編集室などの設備も充実。この創造的かつ文化的な環境で、作家やジャーナリストのみならず、文学研究者や良識ある社会人を育成しています。

文芸学科の教育研究上の目的
Purposes of Education and Research

文章芸術の持つ精神的及び文化的な意義を考究し、かつ自らその実践者、すなわち創作者となるよう指導、督励することが教育・研究の主目的である。現代の広範なメディア状況のなかで、文芸創作から社会・文化評論、ジャーナリズム、広告など、文章を通じた多様な表現現場において、第一線で活躍できる創造力豊かな人材を養成する。

文芸学科の活動
Works

江古田文学
文芸学科の中に編集部を置く文芸誌『江古田文学』
文芸学科では、在学生や芸術学部校友を中心にした江古田文学会を設立し、
文芸学科の中に編集部を置く文芸誌『江古田文学』を年3回発行。
この文芸誌は、芸術を学ぶ場に生まれた雑誌にふさわしい、 あらゆる創作者
たちの文学的営為の拠点となる雑誌として、さまざまな特集を企画しています。

文芸学科のゼミ雑誌
Achievement

ゼミ雑誌
ゼミ雑誌
ゼミ雑誌
ゼミ雑誌


ゼミ雑誌
ゼミ雑誌
ゼミ雑誌
ゼミ雑誌


ゼミ雑誌
ゼミ雑誌
ゼミ雑誌
ゼミ雑誌

文芸学科の施設・機材
Facility

主な施設

DTP室
DTP室
ラウンジ
ラウンジ
資料室
資料室
出版編集室
出版編集室