日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
「書くこと、発表すること」に主眼をおいたゼミを中心に、
 文芸的な創造力を磨きます。

文芸学科概要COURSE OF STUDY

文芸学科は、文学研究に主眼をおいた文学部の文芸学科とは異なり、文芸的な創造力と表現力を養うことを目的としています。つまり文学研究の場である以上に文学を紡ぎ出す場であり、その領域は詩・小説・戯曲・批評にとどまらず、広くジャーナリズムの世界にも及んでいます。表現活動を通して、主体的に「文芸」そのものを理解する学科なのです。

教育の中心にあるのが、創作活動の指導と実践をテーマにした「文芸研究(ゼミナール)」。また実際の本づくりと同じプロセスで行われる「ゼミ雑誌」の制作、「雑誌研究」「ジャーナリズム論」「編集演習」で編集発行する雑誌や、学科に発行所を置く『江古田文学』など、学生が表現したものを発表する場を数多く用意しています。

4年間「書くこと、発表すること」に積極的に取り組むことにより、作家やジャーナリストはもちろん、文学研究者や良識ある社会人を育成します。

文芸学科の履修モデル
Curriculum

文芸学科では、1年次から少人数制の文芸研究I(ゼミ)があり、作品研究発表や、創作を読みあっての合評、「ゼミ雑誌」の編集など、少人数だからこそ可能な授業を行っています。1年次必修科目として開講している「文芸入門講座」では、新入生に向けて多様な文学の「入口」を示し、専任の先生方の守備範囲を知る手がかりともなるよう、オムニバス形式での講義を展開しています。また、DTP実習やジャーナリズム実習など、専門技能を身につけるための実践的な授業も、1年次より履修することができます。
 
1年次は学生証番号によってクラス分けされた文芸研究I(ゼミ)で学ぶことになりますが、2年次の文芸研究IIからは、希望により、小説・詩・文芸批評・ジャーナリズムなど、専門分野に特化したゼミを選択することができます。ゼミで学び、「ゼミ雑誌」の執筆・編集に参加しながら、各自の方向性を見定めていきます。
この、文芸学科のゼミの最大の特色である「ゼミ雑誌」の制作は、実際の本づくりと同じプロセスで各ゼミがひとつの編集部的に機能していくリアルな演習です。どんなブックデザインにするのか? 作品集的な内容にするのか? 雑誌的な内容にするのか?……などを、指導教官の指導のもと、学生が自主的に企画編集し、収録作品も執筆していきます。さらには、予算内でどこまで凝った本ができるか、印刷所と交渉するところまで含めた、実践的過程を学ぶことができるのです。
 
江古田校舎での文芸研究(ゼミ)は、卒業まで二年連続して同じゼミに参加し、最終成果としての卒業論文・制作までを視野に入れます。純文学、エンターテインメント、ジャーナリズム、文芸評論、エッセイ、詩、短歌、俳句、漫画など、幅広いジャンルに対応する各ゼミの中から、各々の特性に合ったゼミを選択して、創作や研究を深めていきます。
 
文芸研究IVでは、3年次と同じ先生、同じメンバーのゼミで、卒業論文・制作に向けての指導が行われます。文芸学科では、ページの上に各々の個性と才能を結実させることが「文芸創作表現」であると捉え、制作として小説のみならず、シナリオ、エッセイ、詩集、短歌・俳句、漫画なども文芸表現の形式として認め、卒業制作として受理しています。これは卒業後の活動のための、実践的な挑戦の成果となることでしょう。