日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE

音楽学科のコース紹介COURSE

作曲コース
Composition

音楽の根幹を身につけてこそ、新しい音の領域へ踏み込むことができる―作曲コースではこうした考えのもと、1、2年では作曲の基礎ともいえる古典音楽等を通して古典的技法の理論と実習を勉強。音楽と人との関わりや作曲の本質などを探っていきます。
作曲の基礎技術を育成した後は、現代的技法の習得へ。西洋音楽はもちろん声明、雅楽をはじめとする日本古来の伝統音楽など、さまざまな音楽にふれながら、創作への理解を深めていきます。

作曲の実技指導はすべてマン・ツー・マン。学生ひとりひとりの個性や感性をのびやかに育むことを目的に、各教授が個人個人の趣味や趣向を尊重した指導を行っています。
クラシックやポピュラー、ジャズ等、さまざまな分野における作曲の技法が学べるキャパシティの広さも魅力のひとつ。現代音楽のひとつともいえるコンピュータ・ミュージックなどにふれる機会も用意しています。

理論コース
Theory

理論(楽理)コースは、音楽理論にのっとって作品研究や楽曲分析、原典購読などを通して体系的に音楽理論を学習します。
西洋の中世から現代までのさまざまなジャンルをはじめとして、民族音楽、日本の伝統音楽まで幅広い音楽を研究対象としています。さらに、音楽美学、音楽心理学の領域に足を踏み入れてもいいでしょう。
音楽を科学的な視点から見据えるその内容は、音の新しい扉を開く分野として、さまざまな方面から注目されています。

音楽教育コース
Music Education

教育とは何か、音楽とは何か、人間とは何か、時代が求めているものは何か。音楽教育のあり方をつねに自問自答し、斬新な発想で音楽教育の“今”を見据え、あるべき姿を探求し続ける音楽教育コース。私たちはこれからも、時代が求める音楽教育を構築していきます。 学校教育にとらわれない柔軟な視点をもった音楽教育学習の提案、音楽の楽しさを広く提供できる人材育成の他、その必要性がさらに高まる音楽療法の研究など時代に即応する教育を実践。特に音楽に対する概念が変わり、心と体の充足がますます求められる現在、理論と実践の両面からその全体像を据える音楽療法の教育にも力を注いでいます。学内に音楽療法セッションルームを設置し、実習の充実と地域の連携をはかっています。

声楽コース
Vocal Music

声楽コースでは、素朴な「歌う喜び」を「演奏する喜び」に成長させるために丁寧に指導を重ねています。第一線で演奏家としても活躍している指導者を揃え、教授・講師陣が一体となり、万全の指導体制を整えています。学生一人ひとりの個性と能力を慎重に見極め、卒業後の自分の姿をイメージさせながら、演奏を磨いて行きます。

個人レッスンでは、声楽の技術を獲得するための指導は当然ながら、歌曲、オペラアリアの指導で、魅力を持つ演奏を獲得出来るように指導しています。

毎年秋のオペラ公演は3年、4年の学生に大学院生も加わり、見事な水準で公演を成功させています。このオペラ実習の授業には、先輩学生の作り上げた伝統が生きていて、「努力を惜しまず、結果を求める」自主性を強く意識した気風を感じ取ることができます。この学生の意欲に、演出家を含む才能豊かな指導人が情熱を注いでいます。日芸で、濃密な音楽の時間を一緒に楽しみましょう。

ピアノコース
Piano

長年ピアノのレッスンを続けてきた学生たちがさらに高度な技術を養うためには、何よりもまず、自らの技術を見直すことが大切です。
ピアノコースでは個人レッスンに十分な時間を取り、個々の姿勢や椅子の高さ、位置、座り方に至るまで細やかにチェックするとともに、入学までの学習内容および習得状況を把握。ひとりひとりの志望や状況に合わせた基礎教育を行っています。

2年次からは、基礎的な訓練を重ねながら新たな分野へ。より高度なロマン派の作品あるいは近代の作品を習得するために必要な表現力や表現技術を育成。また、ペダリング等の表現方法も学びます。

演奏家、伴奏者、指導者などピアノを生かす道はさまざま。本コースは徹底したマン・ツー・マン教育により、各自の志望と能力を大切に育んでいきます。

弦・管打楽コース
String / Wind / Percussion Music

独奏、室内楽、管弦楽、吹奏楽などのさまざまな演奏形態への対応が求められる弦管打楽コースでは、各分野とも演奏の実践教育を中心に、少人数制による徹底した演奏家養成教育を行っています。

指導にあたるのは、世界各国で開かれるコンクールで審査員を務めたり、あるいは日本を代表するオーケストラの首席演奏者など一流の講師陣。現場での体験を生かした実践的な指導により、演奏家としての高度な実力と実践力を養えます。

年1回行われる定期演奏会での木管アンサンブルや金管アンサンブル、打楽器アンサンブル、弦楽合奏、ウィンドオーケストラの演奏会など発表の場もさまざま。

また声楽コースにおけるオペラ公演でも本コースの学生がその腕前を披露し、喝采を浴びています。

情報音楽コース
Information Music

情報音楽コースは、さまざまな調査、実験、科学的手法をもって音響や音楽を解析・分析し、音楽や環境音が人に及ぼす影響や効果の実用性について研究をする新しい分野のコースです。

本コースでは、感性を育成するために従来からの音楽実技と和声、作曲などの音楽理論を学びます。同時に新しいコンピュータ・テクノロジー時代の音楽社会に求められる科学的な音響および音楽解析とその応用を音響物理学、音響心理学、オーディオ理論、情報統計学、コンピュータ演習など、基礎学問の履修を通じて研究します。

こうして学んだ感性と理論を通じて、音と音楽の人間社会における可能性を探り、社会のさまざまな分野に広がりつつある音環境に対する関心に応え、多くの企業における音楽関連、音響関連分野の即戦力となる人材を養成しています。