日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
アナログからデジタルまで広く深く写真を究め、
新たなビジュアル表現に挑む、
総合力を身につけた新時代のクリエイターを育てます。

写真学科概要COURSE OF STUDY

時の流れの中で起こる出来事を記録する。心や頭の中にあるイメージを被写体という実体を借りて発信する。写真は記録や伝達、あるいは芸術表現の手段としてだけでなく、多様化するデジタルコンテンツの分野においても重要な役割を担っています。

写真学科では、ただ単に写真技術を習得するだけでなく、幅広い芸術的教養と知識を身につけた写真家の育成をめざし、時代のニーズに対応した広範囲の教育を行っています。

カリキュラムは、「表現」と「理論」の2分野を基本に構成。写真表現に必要な基本的な研究・実技を行うとともに、写真の歴史や芸術論をはじめ、カメラ本体やレンズなど光学系の知識も深め、写真の本質を追究します。 また、制作や発表の場を通して学生一人ひとりの個性を伸ばせるよう、撮影スタジオやデジタルラボ、暗室、展示室などの設備も充実。ソフトとハードの両面から教育体制を整え、総合力を身につけた新時代のクリエイターを育成しています。

写真学科の履修モデル
Curriculum

  • 実 習
  • 理 論
写真基礎演習I

光の認識、写真表現の仕組み、カメラ操作・撮影・フィルム現像・プリントシステムなど、写真についての基礎知識を学びます。

写真技術I

デジタルカメラやカラーフィルムを使った作品制作実習を行いながら、カラープリントに必要な色についての基礎を学びます。

写真史I

写真技法と写真表現の変遷を学び、写真先進国・欧米の写真の歴史についての基礎的な知識を身につけていきます。


写真史II

幕末・明治から現代に至る日本の写真史を学び、日本独特の写真のあり方について理解を深めていきます。


イメージングプロセス論I

銀塩、および、デジタル写真における作画プロセスの基本的な理論を学び、作品制作のための幅広い知識を身につけていきます。


写真光学

光の性格やレンズの特性など、写真撮影に必要な写真光学の基礎的な知識を身につけていきます。



写真基礎演習II

小型カメラと大型カメラの基礎技術やスタジオライティングなどを学び、それぞれの特徴を生かした作品制作を行います。


画像処理I

画像処理ソフトを使った作品制作を行いながら、デジタル写真と画像処理の基礎を学びます。

写真作家作品研究I

写真誕生から1930年頃までに生み出された名作とその時代に活躍した写真家について学びます。


電子画像概論

デジタルカメラの構造やデータ化の原理を学びながら、最新デジタル画像の基本知識を身につけていきます。

その他に「写真化学」「カメラメカニズム」などを学ぶことができます。



写真基礎演習Ⅲ

表現方法の理解を深め、技術を広げながら、制作、実験、研究を行い、その発表を通し、各自の方向性を探ります。

その他「広告写真」「報道写真」「ポートレート」「建築写真」「ファインプリント」「特殊技法」など、幅広い写真制作の授業を、各自の興味と将来を見据えて選択できます。

写真作家作品研究II

1900年頃から1960年頃までの作品とその写真家を取り上げ、近代写真についての考察を行います。

その他「広告写真」「報道写真」「現代写真」「写真印刷」などの理論について、また、写真の編集やプレゼンテーションの仕方、写真の機能としてのソーシャルコミュニケーションを学ぶクラスなどがあります。



ゼミナール

一人ひとりの将来の方向を見据えた個人指導を中心に、専門的かつ実践的な理論・制作の演習が行われ「卒業制作」や「卒業論文」にまとめていきます。

写真芸術学

先人の写真論や写真芸術論を通し、「写真とは何か」という写真芸術の本質的な問題について考えていきます。