日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
利用案内

OPACサイトはこちらです。

利用資格

本大学学生・院生、教職員、芸術学部卒業生、日大iクラブ会員、日大校友会正会員、他図書館等発行の紹介状をお持ちの方、その他図書館長が利用を許可した方。
※他学部卒業生は他図書館等発行の紹介状が必要。

>> 江古田校舎図書館での学外者の利用についてはこちら

開館時間

校舎 曜日 時間
所沢 月~金 9:00~20:45
9:00~17:00
江古田 月~金 9:00~21:00
9:00~17:00

※開館時間の変更については芸術学部図書館ウェブサイト(開館日カレンダー)および掲示でお知らせします。

閉館日

日曜日、祝日、創立記念日(10月4日)、春・夏・冬季休暇の一定期間
※臨時閉館日については芸術学部図書館ウェブサイト(開館日カレンダー)および掲示でお知らせします。

入館

入館には、学生証、芸術学部図書館利用カード、各種(iクラブ、校友会)会員証等が必要です。
お持ちでない方は、利用初回時にカウンターで利用カード発行の手続きをしてください。

閲覧・館外貸出

芸術学部図書館の開架資料はすべて館内で自由に閲覧できます。また館外貸出は日本大学学生・大学院生、教職員、芸術学部卒業生のみ可能です。
貸出手続きはカウンターで承ります。(学生証、利用カードが必要)

利用者 学部生 大学院生 学部教職員 芸術学部卒業生
貸出冊数 10冊以内 15冊以内 30冊以内 8冊以内
期間 2週間 1か月 1か月 2週間
再貸出 2週間 1か月 1か月 2週間

※卒業生への貸出手続きに必要な利用カード発行手数料は2,000円です。発行申請の際は免許証、住民票や保険証等、本人確認のための書類(原本)を提示してください。卒業時から改姓した場合は、卒業時の氏名が確認できる書類が必要です。その他詳細はこちらから(PDF:115KB)ご確認ください。

返却

貸出図書は所定の期限までに返却してください。(所沢・江古田校舎図書館のどちらでも返却可能)
なお、やむを得ない理由で返却できない場合は、必ず図書館に連絡の上指示を仰いでください。

【注意】
返却期限を過ぎてしまった場合は延滞日数分だけ新たな貸出ができなくなる貸出停止期間が発生しますので、ご注意ください。

図書返却ポストも設置していますので、利用の注意事項をHP等で確認のうえ、ご利用ください。
設置場所は江古田校舎中央守衛所横です。

【注意】
閉館時間帯のみの利用になります。投函できない資料もありますのでこちら(PDF:258KB)で確認後ご利用ください。

施設の利用

●マイクロ室(江古田校舎)
マイクロフィルム・スライド等に納められた資料を専用機器でご利用になれます。江古田校舎カウンターまでお申出ください。

●コピー機
セルフサービスによるコイン式コピー機(白黒・カラー)を設置しています。料金は白黒が1枚10円、カラーが1枚50円です。なおコピーは著作権法第三十一条(下記参考項目参照)で許可された範囲に限ります。また資料保護のためコピーを制限する場合があります。

**参考**

(図書館等における複製)
第三十一条
(前略)…次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(中略)を用いて著作物を複製することができる。
— (前略)…その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分(発行後相当期間を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合
二(略)
三(略)

(著作権法第三十一条からの抜粋)

こちらの著作権情報サイトもご覧ください。
文化庁
(公社)著作権情報センター

貴重資料の利用

貴重書庫に保管されている資料は、教職員及び図書館長の許可を受けた方のみ利用できます。また、閲覧希望日の1週間前までに申し出が必要です。詳しくはカウンターへお問い合わせください。

用語解説

【OPAC(オーパック)】
電子蔵書目録(Online Public Access Catalog)のことです。本や雑誌のタイトル、著者名などをキーワードに図書館の資料を電子端末で検索できます。

【ブラウジングコーナー】
各種新聞、新着雑誌を揃えている閲覧コーナーです。新聞・雑誌の館外貸出はできませんのでこのコーナーでご覧ください。(最新号ではない所沢の雑誌は1週間の館外貸出ができます)

【禁帯出(資料)】
館内でのみ利用可能な資料のことです。(禁帯出ラベルが貼ってあります)

【参考図書】
最初から最後まで通読するのではなく、何かを調べる時に必要な項目だけを参照するために使う資料のことです。辞書や百科事典、ハンドブック、年鑑、白書、目録などがあります。なお参考図書は禁帯出資料です。

レファレンスサービス

利用者支援サービス

文献や資料の探し方、参考図書の使い方、図書館の利用方法等についての質問や相談をカウンターで受け付けています。また江古田あるいは所沢の一方にのみ所蔵している資料は、所蔵していない方の図書館で取り寄せることができます。

日本大学全学部、他の大学、及び他機関との相互利用サービス

芸術学部図書館では日本大学全学部の図書館や他の大学図書館等との以下のような相互利用サービスを提供しています。ただしこれらは相手機関の事情によってご希望に沿えない場合があります。なお日本大学全学部の図書館では学生証(教職員は身分証明書)を提示すれば入館及び資料の借用ができます。(総合学術情報センターの利用は次項【紹介状発行】の手順に従ってください)

【紹介状発行】
他の大学図書館等に直接訪問して資料を閲覧する際に必要な紹介状を発行します。直接訪問希望日より1週間前までにカウンターにお申出ください。受付時間は16:30までです。なお、利用にあたっては先方の指示に従ってください。

【相互貸借】
芸術学部図書館が所蔵していない資料を日本大学の他の学部、他の大学の図書館等から借りるサービスです。なお日本大学以外の図書館から借りる場合は送料(1件600円〜900円程度)を申込者にご負担いただきます。また日本大学以外の資料は館外貸出ができませんので、芸術学部図書館内でご覧ください。

【文献複写依頼】
芸術学部図書館が所蔵していない資料について、希望する部分のコピーを日本大学の他の学部、他の大学の図書館等から取り寄せるサービスです。日本大学の他の学部から取り寄せる場合は複写料(1枚20円)を、また日本大学以外の図書館からの場合は複写料(1枚30円〜50円程度)と送料(1通150円〜250円程度)を申込者にご負担いただきます。

OPACによる資料の探し方

OPACサイトはこちらです


OPAC画面から、左の所蔵を検索できます。


【図書・雑誌を探す】

簡易検索

OPAC検索方法 キーワードを入力し、検索ボタンをクリック

検索語を入力します。


簡易検索画面では、タイトル・著者名・出版者・件名等、検索対象はすべての項目です

※雑誌を探すときは、雑誌名で検索しましょう

詳細検索

検索語を入力・指定します

詳細検索画面では、探したい本の詳細がわかっている時に、条件を指定して検索します


【検索結果一覧画面(図書)】

ヒットすると、検索結果一覧が表示されます

【絞込項目】 ヒットした件数が多くて探しにくいときに、絞込できます

【タイトル】 個別のタイトルをクリックすると、詳細が表示されます

【続きを見る】 →続きを見る をクリックすると詳細画面が表示されます 所蔵件数が4件以上あると表示されます

詳細画面

【配架場所】本の置かれている場所を示しています

【巻次】 多巻物の図書の場合、巻号や部編名が表示されます

【請求記号】 本の背表紙に貼られているラベルです

【資料番号】本に貼られているバーコード番号です

【状態】貸出や予約の状態がわかります

【コメント】図書館からのコメントです

【検索結果一覧画面(雑誌)】

【絞込項目】ヒットした件数が多くて探しにくいときに、絞込できます

個別のタイトルをクリックすると、詳細が表示されます

詳細画面

【配架場所】本の置かれている場所を示しています

【所蔵巻号】所蔵している巻号が表示されます

【年次】所蔵している発行年が表示されます


①【未製本雑誌情報】雑誌架にあります

②【製本雑誌情報】請求記号が発生しているものは、製本書架に配架されています

オンラインデータベース・電子ジャーナル

図書館 NEWS/TOPICSページ内「情報検索」欄に利用可能なデータベースや電子ジャーナルが掲載されています。
さらに「日本大学オンラインデータベース・電子ジャーナル」というタイトルをクリックすると日本大学学生・院生・教職員が利用できるデータベース、電子ジャーナルの一覧が表示されます。

また、そのうち「学術認証」のマーク学術認証ロゴマークを付しているものは学外(自宅や外出先等)からも利用できます。学外からのご利用にあたっては個人認証(学生及び大学院生の方はNU-MAILGアドレスとパスワード、教職員の方はNU-MAILアドレスとパスワード)を完了させた上で機関認証が必要です。機関認証は該当するデータベースや電子ジャーナル等にアクセスした後、各プラットフォーム右上の機関ログインをクリックし、「場所:日本の教育研究機関」を選択し、「日本大学」を選ぶことで完了します。ただし機関認証形式は、各プラットフォームで若干異なる場合があります。

なお、学内でのみ利用できるデータベースには

  • ・毎索(毎日新聞のデータベース)
  • ・聞蔵II(朝日新聞、AERA等のデータベース)
  • ・ヨミダス歴史館(讀賣新聞のデータベース)
  • ・日経BP記事検索サービス
  • ・MAGAZINE PLUS(雑誌検索)
  • ・JSTOR ART & Sciences III Collection
  • ・Oxford English Dictionary(英英辞典)
  • ・日本歴史地名大系
  • ・日本国語大辞典

などがあります。

図書館利用上の注意

  • ・図書館利用者証(学生証・教職員証・当館発行の図書館利用カード等)を他人に貸与・譲渡してはいけません。
  • ・資料を館外へ持ち出す場合は、必ず所定の手続きを行ってください。
  • ・貸出した資料の又貸しはしてはいけません。又貸しにより発生したトラブルは、全て資料を借りた者の責任となります。
  • ・館内で閲覧を終えた資料は返却台へ戻してください。ただし、貸出中の資料はカウンターへ戻してください。
  • ・図書館は公共の場です。館内では、他人の迷惑になるような声で話してはいけません。
  • ・ふたの付いていない飲料物は資料汚損の恐れがあるため、持ち込み禁止です。
  • ・水筒等の飲料物を持ち込む場合は、バッグの中に入れ、必要時だけ取り出すようにしてください。
  • ・館内での食事は禁止です。
  • ・資料を汚損(書き込み等)・破損した場合は、カウンターへ申し出てください。
  • ・館内での携帯電話(スマートフォン等含む)による通話は禁止です。電源を切るかマナーモードに設定し、振動音にも気を付けてください。
  • ・館内での撮影は禁止です。授業のためなど、撮影したい場合はカウンターにご相談ください。
  • ・席を離れる時など、荷物や貴重品は自己管理するようにしてください。
  • ・館内は禁煙です。
  • ・電子ジャーナル等の情報に対しては、プリンターで出力できます。詳しくはカウンターにお問い合せください。
  • ・AVコーナーで利用できるのは、図書館所蔵の視聴覚資料に限ります。また、図書館所蔵の視聴覚資料はAVコーナーに備え付けの機器でご利用ください。その他の利用方法については、カウンターにお問い合わせください。
  • ・その他、図書館員の指示や注意、館内掲示を守ってください。