NEWS お知らせ

JALカード会員誌『AGORA』8・9月合併号に美術学科 鞍掛 純一教授のインタビューが掲載されました!

  • NEWS 2019.08.02

JALカード会員誌『AGORA(アゴラ)』8・9月合併号の特集「古民家再訪」に、「脱皮する家」が4ページに渡って取り上げられ、制作の担い手である、美術学科 鞍掛 純一教授のインタビューが掲載されました。


「脱皮する家」は、鞍掛教授と美術学科彫刻コース有志が、新潟県越後妻有の峠集落にある、築150年を超える古民家の内部空間を、鑿(のみ)で彫り抜いたアート作品。2006年「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に出品され、その後も地域の魅力を伝え続けてきました。


今回の特集では、“家を脱皮させる”というユニークな着想にいたった経緯や、困難の連続だったという制作過程など、完成までの約二年半の歳月を鞍掛教授が振り返っており、「脱皮する家」の魅力を存分に感じられる内容となっています。


『AGORA』はJALカード一部会員へ送付されるほか、機内ファーストクラス、空港一部ラウンジなどでも入手することが可能です。
お見かけの際は、ぜひご一読ください。