日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
日藝賞第8回受賞者

第8回日藝賞

日藝賞は、日藝の校友とのつながりを深めることを目的として、2006年に創設されました。授賞対象は、中退者も含め、かつて日藝に在籍していたことのある人すべて。また、活躍分野は一切問いません。在校生、教職員、校友会役員などによる投票で候補者が選ばれ、日藝賞選考委員会が業績などを審議して決定します。

第8回となる今回は、歌手の松崎しげる氏と写真家の坂田栄一郎氏が受賞しました。松崎氏は、在学中にソロ歌手としてデビュー。明るいキャラクターと圧倒的な歌唱力で、世代を超えて愛されています。また、坂田氏は、卒業後に広告会社に勤務したのち、1966年に単身渡米。ニューヨークで写真の腕を磨きました。1970年に初の個展を開催して以来、精力的に活動を続けています。授賞式は、2014年4月4日の芸術学部入学歓迎式の中で行われ、日藝賞選考委員長の野田慶人学部長より、お二人に記念の賞状、名前が刻まれたトロフィーなどが贈られました。

松崎 しげる
Shigeru Matsuzaki

松崎 しげる 氏
栄えある賞に感謝し、さらなる励みに。
1949年生まれ、当年とって65歳の僕が日藝に入学したのは、学生運動が盛んだった1968年でした。そんな時代に大学生活を送り、1970年にデビューしてから今日まで、いつも何かにチャレンジしてきました。そして今、こうして母校のステージに立ち、栄えある賞をいただけることに感謝しています。日藝は、一人ひとりが自分の個性を思い切り活かせます。そういう個性の大学です。ですから、これから日藝で4年間を過ごす皆さんは、何か一つ目標を持ってください。「今、これだ!」と思うことに、思い切りチャレンジしていただきたいと思います。日藝賞の受賞にあたっては、同級生や諸先輩方から、たくさんのありがたい言葉を頂戴しました。僕も、この賞に恥じないよう、これからもますます頑張り、チャレンジしていきたいと思います。ありがとう!
1949年、東京都生まれ。1968年、文芸学科入学。1970年に『8760回のアイ・ラブ・ユー』で歌手デビュー。1972年にはチョコレートのCMソング『黄色い麦わら帽子』が大ヒット。1976年、スペインのマジョルカ音楽祭において『愛の微笑』で第2位入賞。1977年、『愛のメモリー』が爆発的ヒットとなり、日本レコード大賞歌唱賞受賞。第28回NHK紅白歌合戦にも初出場を果たす。俳優としても活動しており、TVドラマ『噂の刑事トミーとマツ』(TBS)などに出演。


主な作品
●楽曲:『8760回のアイ・ラブ・ユー』(1970年)、『黄色い麦わら帽子』(1972年)、『愛のメモリー』(1977年)、『火の鳥』(1978年)、『ワンダフル・モーメント』(1979年)、『夏の恋人』(1990年)、『グッド・バイ・マイ・ラブ』(1993年)、『あの輝きを忘れない』(1994年)、『MY FAVORITE SONGS』(2005年)●TVドラマ:『噂の刑事トミーとマツ』(1979年・TBS)、『銀河TV小説 明日はどっちだ』(1983年・NHK)、『お金がない!』(1994年・CX)

坂田 栄一郎
Eiichiro Sakata

坂田 栄一郎 氏
一日ひとつ感動して前進を!
各界に素晴らしい人材を輩出する日藝の、栄誉ある賞をいただき、誠にありがたく思います。光栄であると同時に、面映ゆい気がしています。僕は、4年間日藝で学んだあと1年間広告会社に勤め、ニューヨークへ渡りました。ニューヨークでは、画家や作家、劇作家などさまざまな分野の人たちと交流を持ちましたが、その中で特に強く印象に残っているのは、画家のアンディ・ウォーホルの「一日ひとつ感動したい」という言葉です。この言葉が深く胸に刻まれ、自分自身そう思って生きてきました。これからも、いつも何かに感動し、新鮮な気持ちで新しいことに挑戦したいと思っています。皆さんも、どんな小さなことでもいいので、常に感動を持って前進してください。前へ前へと進み、4年間たくさんのことを学んで社会に出てください。
1941年、東京都生まれ。1961年、写真学科入学。卒業後、広告制作会社に勤務の後、1966年に渡米。写真家リチャード・アヴェドンに師事する。1970年、銀座ニコンサロンで初個展「Just Wait」開催。1993年、写真界の大型国際イベント「アルル国際写真フェスティバル」(フランス)に招待され、個展とワークショップを開催。2004年、東京都写真美術館で個展「PIERCING THE SKY―天を射る」開催。2013年、原美術館で個展「江ノ島」開催。週刊誌『AERA』(朝日新聞出版)の表紙写真を、1988年の創刊号から現在まで撮り続けている。

主な作品
●写真集:『注文のおおい写真館』(流行通信社・1985年)、『Talking Faces』(六耀社・1990年)、『PIERCING THE SKY―天を射る』(求龍堂・2004年)、『JUST WAIT』(求龍堂・2006年)、『LOVE CALL―時代の肖像―』(朝日新聞出版・2008年)●受賞歴:アルル名誉市民賞(1993年)、平成17年度日本写真協会作家賞(2005年)、第24回土門拳賞(2005年・PIERCING THE SKY―天を射る)