日本大学芸術学部
    • TEXT SIZE
「理論と歴史」「表現方法と技術」の2分野から
 舞台芸術の未来を探求します。

演劇学科概要COURSE OF STUDY

芸能は人類とともに生まれたと言えるほど長い伝統を持つ芸術の原型であり、いろいろな芸術が織りなす総合芸術でもあります。演劇学科では、時代とともに変貌し、多種多様な表情を見せる演劇を、理論的かつ実践的に研究し、より創造的な表現を生み出す方法と技術を磨くことを目標としています。

カリキュラムは「理論と歴史」「表現方法と技術」の2分野で編成され、1年次からそれぞれの分野の専門基礎科目を履修。特に「表現方法と技術」の分野では、コース別で専攻基礎の教育に力を注いでいます。

また実習授業や作品の学外発信活動、演劇系大学共同制作への参加、内外の演出家を招いてのワークショップなど、多くの発表の機会を用意。さらに福祉・教育・企画・制作など、演劇の応用領域に関する実践的な領域の研究も重ね、新しい形のシアターワーク、演劇を通じたカルチュラルワークなどの開発にも、積極的に取り組んでいます。